ラッセル・ロバーツ「インビジブルハート」

あまりに素晴らしい! いつかこんな本が書けたら最高だ。
フリードマンとかシカゴ学派っていわれる自由主義経済の信奉者である
経済学の教師と、その考え方に疑問を持っている文学の女性教師。
相反する考えを持つ2人が、社会のあり方について議論するうちに、
恋が芽生える、といった話。(でも、恋愛を絡めたのはやや強引な感じ)
経済学とは無縁の人が、初めて手に取る本としては最高の一冊だと思った。
経済学的な思考回路っていうのはこういうことなんだ、とよ~く分かる。

感動のあまり、英語の勉強も兼ねて、原書も注文してしまった。
ちなみに洋書版にはミルトン・フリードマンのコメントがついていた。
“A page-turning well-written love story that also teaches an impressive amount of good economics.”

インビジブルハート-恋におちた経済学者インビジブルハート - 恋におちた経済学者
ラッセル ロバーツ
商品詳細を見る

私が2008年に読んだ本(現時点で洋書抜き103冊)でベスト3を挙げるなら、
坂本光司「日本でいちばん大切にしたい会社」
中野孝次「清貧の思想」
と「インビジブルハート」をどう並べるか?と迷う感じ。