ご冗談でしょう、ファインマンさん

コンサートの合間にノーベル物理学賞のリチャード・P・ファインマンのエッセイ、
ご冗談でしょう、ファインマンさん(上)」を読んでみた。

遊びで始めた計算が、ノーベル物理学賞につながったって話に考えさせられる。
そのときは何の重要性もなかったことだが、結果としては非常に大切なことを僕はやっていたのだ。後でノーベル賞をもらうもとになったダイアグラムも何もかも、僕がぐらぐらする皿を見て遊び半分にやりはじめた計算がそもそもの発端だったのである。
趣味を徹底的にやると、後で意外なとこで役立つ、あの感じかな。

この本面白いけど、上下巻2冊買うとなると割高かな。図書館で借りましょう。