七夕の和歌 in 古今和歌集

今日は七夕。
例年通り、天気悪そうだね。
今年は月齢が新月に近いから、天の川が見えやすい日らしいけど。
まぁ、東京にいたら、どーせ見えないんだけどね。

七夕の歌というと、「笹の葉さらさら~♪」って子供のお遊戯がメインだけど、
昔はどんな歌があったのかな?と、たまたま古今和歌集を開いてみると。。。

  • 173~183番に七夕の和歌が11首もある
  • すでに平安時代には、織姫・彦星の話って決まってた
  • 旧暦の7月7日は秋だから、和歌では七夕は秋の季語

まずは今と違う秋の歌だとよく分かる一首。

秋風の 吹きにし日より ひさかたの 
天の河原に 立たぬ日はなし

11首のうち、一番きれいだなーって感じた歌は、詠み人知らずの

恋ひ恋ひて あふ夜はこよひ 天の川 
霧立ちわたり 明けずもあらなむ

ひたすら恋いこがれて、今宵やっとあの人に会うことができる。
天の川に霧が立ちこめて、夜が明けないでほしい。と想いを込めた歌。
また古今集の歌の並べ方も粋で七夕シリーズの最終歌は、

けふよりは 今来む年の きのふをぞ 
いつしかとのみ 待ちわたるべき

壬生忠岑が七夕の翌日に詠んだ和歌で、
今日からは、またやってくる年の昨日という日を、
早く来ないかと待ち続ける日々が始まるのだ。と嘆いた歌。

七夕の物語は悲しいものに捉えがちだけど、みんなはどう思う?
その答えも和歌でつむいでみよう。→紀貫之の和歌で詠む七夕の心

コメント

  1. 最高 より:

    最高