人生、あっという間だから

とある平安貴族(在原業平?)の恋を中心に描かれた「伊勢物語」。
その結びの第125段から。

むかし、男、わづらひて、心地死ぬべくおぼえければ、
 ついに行く 道とはかねて 聞きしかど 昨日今日とは 思はざりしを

最後は誰もが死ぬって分かっていたけど、まさか昨日今日のこととはね…。
ねたましいほど恋多き人生を送った、主人公の最後の一句がこんなの。

そして、吉田兼好徒然草」第155段。

 生・住・異・滅の移り変はるまことの大事は、猛き河のみなぎり流るるがごとし。しばしも滞らず、直ちに行ひゆくものなり。されば真俗につけて、必ず果たし遂げむと思はむことは、機嫌を言ふべからず。

人生において本当に大事なことは、一瞬に過ぎていっちゃう。
必ず成し遂げたいことがあるなら、タイミングがどうこう言ってる暇はない。

年末だから1年を振り返って、ちゃんと反省したい。
私が今年もやり残したことはもちろん…、その話は大晦日にでも。

死ぬときに後悔すること25―1000人の死を見届けた終末期医療の専門家が書いた 死ぬときに後悔すること25
―1000人の死を見届けた終末期医療の専門家が書いた

大津 秀一
商品詳細を見る