ケント・M.キース「逆説の十戒」

先日の記事に対し、キースの「逆説の十戒」みたい、とコメントいただいて、
なんじゃそりゃ?と興味を持って調べていたところ、原文を見つけた。
これくらいの英語なら、私でもストレス感じずに読めるデス(笑)

The Paradoxical Commandments (by Kent M. Keith)

1. People are illogical, unreasonable, and self-centered. Love them anyway.

2. If you do good, people will accuse you of selfish, ulterior motives. Do good anyway.

3. If you are successful, you will win false friends and true enemies. Succeed anyway.

4. The good you do today, will be forgotten tomorrow. Do good anyway.

5. Honesty and frankness make you vulnerable. Be honest and frank anyway.

6. The biggest men and women with the biggest ideas can be shot down by the smallest men and women with the smallest minds. Think big anyway.

7. People favor underdogs, but follow only top dogs. Fight for a few underdogs anyway.

8. What you spend years building may be destroyed overnight. Build anyway.

9. People really need help, but may attack you if you do help them. Help people anyway.

10. Give the world the best you have and you’ll get kicked in the teeth. Give the world the best you have anyway.

それでもなお、人を愛しなさい―人生の意味を見つけるための逆説の10カ条
っていう題でキース氏の翻訳本が出ているから、今度図書館で探してみよう♪

コメント

  1. スクレ より:

    まずこの世界に意味がない事を認め、それでも人として生きる事、幸福を求める事には意味があるという事を教えられますね。
    キースがこの十戒(十ヶ条?)を記したのが二十歳そこそこの時ですから恐れ入ります。

  2. Alpha より:

    まろさん、
    こんにちは。
    The Paradoxical Commandmentsの副題が"Finding Personal Meaning in a Crazy World "なので、「生きる意味」についてに関して、スクレさんがKent KeithのThe Paradoxical Commandmentsを挙げらているのは、まさに的を得ているな、と思いました。
    以下のURLに、このThe Paradoxical Commandmentsのバックグラウンドと最初に書かれた本とその中に書かれているチャプターについて説明されています。興味深かったです。
    http://www.paradoxicalcommandments.com/origin.html
    尚、WikipediaにこのThe Paradoxical Commandmentsの意味について以下の様な説明が書かれているのですが、こちらもまさにこの十か条のスタイル(タイトルと内容が絶妙にマッチ)にぴったりあっているな、と感心しました。
    According to Webster’s Dictionary, a paradox is "a seemingly contradictory statement that may nonetheless be true."
    And a commandment is "an authoritative direction or instruction to do something."
    Therefore, with those definitions in mind, a Paradoxical Commandment is an authoritave direction or instruction to do something that seems contradictory, but may nonetheless be true.

  3. まろ@管理人 より:

    スクレさん、たしかに大学生の時にこれを書くってスゴイですね。でも、私が中学生の時、教育実習にやってきた方が、先生よりも人間ができていて、凄くカッコ良かった記憶があります。キース氏だけが珍しい訳ではないかもしれません。
    Alphaさん、ご紹介いただいた2サイトのうち、英語が短いWikiの方を記事内からリンクを貼ってみました。
    あとこの話を通して反省したこと(ちょっとズレてますが)
    私の職場は小さいし仕事だけだと、どうにも人との出会いが希薄になってしまう。もっと積極的にいろんな人と会う努力をしないといけないなぁと。