だいじょうぶ。

私は少し間違えれば、とっくに死んでいたかもしれない、とても恵まれた人。
だから何があっても、とにかく明るく、楽しく、テキトーに生きてきたんだけど…
今回はどうしたことか、心がポッキリ折れて、ひどく弱気になっちゃった。
でもおかけで、今まで気付かなかったことが、いろいろ見えてきた。

ホントに重病かも分からないから、「助けて」と泣きつくこともできず、
ドンヨリする中で、ようやく一部の友だちに打ち明けることができた時、

「だいじょうぶ。」

そう声をかけてもらえただけで、ずいぶん気持ちが落ち着いた。
このたった一言が、どれほどありがたかったことか。

周りに落ち込んでいる人がいると心配で、相談に乗ってあげたくなる。
でも、自分じゃどうすることもできなくて、ふさぎこんでいるのに、
あれこれ言われるのは、余計に混乱して迷惑なだけかもしれない。
「だいじょうぶ。」だけじゃ、突き放すみたいで無責任、って勘違いしてた。

私が間違っていたね。今までごめんなさい。
そして、大切なことに気付かせてくれた人たちに、ありがとう。

コメント

  1. 名無しの権兵衛 より:

    そう、だいじょうぶ。
    すべて大丈夫だよ。