結婚しなきゃ!と考えてみた大晦日

今年の反省をまとめ。
あれこれ言う前に、ごく当たり前にできる社会貢献は、
「世の中の役に立ちたい」って思いを胸に働くこと、というのが昨日の話

もうひとつ、日本に生まれ、この国が大好きな私にできる大切なことがある。

  • ちゃんと結婚して子供を育てること

大事なことをほったらかしてる私が、ESG投資やNPOの運営なんて言っても、
まるっきり説得力がないから、社会貢献ゴッコでは?とツッコミたくなる。

もちろん、世間に振り回されるような理由だけじゃなくて、
この前も書いたとおり、 ※関連記事: しあわせのかたち (10/12/21)
幸せって1人で追求するものではないんだ、と今さら痛感したこともあり、
「ちゃんと結婚しなきゃ!」と初めて真面目に考えてみた大晦日。

真面目に、とはいえ夏に読んだ
一人の人をほんとうに愛するとは、すべての人を愛することであり、世界を愛し、生命を愛することである。誰かに「あなたを愛している」と言うことができるなら、「あなたを通して、すべての人を、世界を、私自身を愛している」と言えるはずだ。
 ---エーリッヒ・フロム「愛するということ」
みたいな大きな話をすると、また混乱してしまうから、小さく考えよう。

幸せとは?という問いに対し、昔からこう答えてきた。
身近な人の幸せを考えることができるなら、きっと私も幸せ。」
それなら大切にしたい、守りたい、と思える人をちゃんと見つけて来ないとね。

とはいえ、レイモンド・チャンドラーが小説に残した名ゼリフ
男は強くなければ生きていけない。優しくなければ生きている資格がない。
”If I wasn’t hard, I wouldn’t be alive. If I couldn’t ever be gentle, I wouldn’t deserve to be alive.”
みたいな力強さは、残念ながら私には存在しないのだ。

でも、無理に自分を変えず、今のまま、マイペースで生きていこう。
※関連記事: 変に立ち位置を変えちゃダメ (10/12/21)
「この人がいい!」ってほどの強い想いは届かないかもしれないけど、
のんびり、楽しく、美味しく♪ 一緒に生きていける人は、きっと見つかるはず。

情熱をもって恋したことのない人間には、人生の半分、それも最も美しい方が隠されている。 ---スタンダール「恋愛論」

ってなところで、今年はおしまい。じゃあ、またねー。

コメント

  1. とよぴ~ より:

    この記事が妥当かわかりませんが(笑)あけましておめでとうございます
    年明け早々からフロムをはじめ良い言葉を頂きました♪
    レイモンド・チャンドラー氏のセリフは「強くなければいけない」と思いきや「優しさが強さになる」なんて解釈しました
    今年もよろしくお願いします

  2. まろ@管理人 より:

    あ、ごめんなさい。
    年賀状の習慣が皆無なので、新年の挨拶記事とか一度も書いたことないかも(笑)
    以前紹介した http://stojkovic.blog20.fc2.com/blog-entry-1993.html
    老子の67章にこんなのあります。
     優しくなりなさい、そうすれば勇敢になれる。
     つつましくなりなさい、そうすれば広い心を持てる。
     人の前を行かないようにしなさい、そうすれば人を導く者になれる。
    「強さ」を全面に押し出してくるのは、欧米で多いのですが、東洋、とくに日本は「弱さ」を大事にしているように感じています。「もろさ」「はかなさ」からくる美意識って日本的。
    美意識について、ブログ内でいろいろ書いたものは、
    http://stojkovic.blog20.fc2.com/?tag=%C8%FE%B0%D5%BC%B1
    をどーぞ。
    今年もよろしくお願いします。
    そういえば、去年もとよぴーさんに会えなかった!