「人生の成功」の定義

田坂広志さんの「風の便り」で紹介されている、
アメリカの初等教育で子供たちに教えるという、2つの大切な言葉。

 Define your own success.
  あなた自身の「成功」を定義しなさい。

 Find your own uniqueness.
  あなた自身の「個性」を発見しなさい。

「人生の成功」ってなんだろうね?
深く考えずに答えるなら、私の場合は、
穏やかに、微笑みながら、日々暮らすこと」かな。

また過去を振り返って、自分が成功したと自信を持って言えることは、
おかしいくらい「人との出会いに恵まれたこと」。
過去だけでなく、今なお続く、私の不思議な才能の1つ。←フツーに自慢です♪

最近では、あいかわらずの人付き合いの悪さを押し通しながらも(笑)、
「この人は心から尊敬できる!」と感じた人との関係が自然と成り立っていたり…
まぁ数は少ないけど、
 「少なく交わり、多く親しむ。これを人を知るという」(by 管仲)
って言葉もあることだし。これでいいんじゃない?

そう考えていくと、私の個性は「人間関係に恵まれていること」なのかな。
なんだか他力本願な生き方だけど、いつか私自身も、
出会った人の人生をより良い方向に導ける存在になりたい、って考えてるんだよ。

コメント

  1. ym より:

    それって正解です。
    私はおばさんですが見かけも悪くないし、秘書としていい会社に勤めておりました。収入も良くて都内のど真ん中に住み、毎日飽食三昧でした。
    でも、人間関係が全くうまくいかず、いつも会社を数カ月で去る羽目に…
    そこで思いましたよ。
    お金が無くて貧乏でも人間関係さえよければ人って幸せを感じるんでしょうねと。
    私は今まで自分の人生において、自分が恵まれたと思ったことがほとんどありません。
    欲張りにはそれなりの結果が待っているもんですわ。
    次に生まれ代わったらド貧乏でもいいので、人には恵まれる人生でありたいです。

  2. まろ@管理人 より:

    まだ人生半分近く残ってますよね? たぶん40年以上。
    今から「次に生まれ代わったら…」なんて考えちゃダメですよ。
    お説教みたいになってしまって、ごめんなさい。