お金よりも価値観が大事

ヘッジファンドのデータから、リターンやボラティリティからすると、
MSCI World や S&P500 よりも優秀かもしれないことは分かった。
でも、ふと奇妙な違和感に襲われる。何かがおかしい。。。
最近「人よりお金を儲けたいと思うのはなぜ?」と言葉にしてみたおかげかな。
ヘッジファンドへの投資は、きっと儲けることだけが目的の投資になってしまう。

今週の「爆笑問題のニッポンの教養」が特に面白かった。
落語・千両みかんの話とか、自分の中に確かな価値観がなければ、
何が本当に大切なのか、だんだん訳が分からなくなっていく

そして価値と価値の間では、必ずお金を経由するから、知らず知らずのうちに、
お金こそが一番価値があるもののように思えてきてしまう。。。

人生の幸福にとっては、われわれのあり方、すなわち人柄こそ、文句なしに第一の要件であり、最も本質的に重要なものである。
 現実の自然な欲望を満足させる以外に、富によってなしうることといえば、われわれの本当の幸福感にとっては影響の少ないことばかりで、むしろ大きな財産の維持のために不可避的に生ずる数々の心労のために、かえって幸福感が損なわれるくらいである。

ショーペンハウアー「幸福について-人生論-」より