刹那を生ききる/スティーブ・ジョブズ追悼

昨日、昼間からシャンパン片手にフランス料理(Ryuzu)を食べながら、
亡くなったスティーブ・ジョブズについて話したことの整理。

「早すぎる死を惜しむ」という姿勢はちょっと違うと思うんだ。

  • 2004年8月 膵臓がんの手術
  • 2005年6月 スタンフォード大学の卒業式でスピーチ→関連記事
  • 2007年1月 iPhoneを発表
  • 2009年6月 肝臓移植の手術
  • 2010年1月 iPadを発表

膵臓がんの手術以降、いつ燃え尽きるか分からない自らの命。
その焦燥感、切迫感が、iPhoneやiPadの誕生を後押ししたに違いない。

I’ve looked in the mirror every morning and asked myself: “If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?” And whenever the answer has been “No” for too many days in a row, I know I need to change something.

あらためて「今日が人生最後の日だとしたら」の言葉の重みを痛感する。
病気にならなければ、心の底から理解することはできないのかな。
なぜ人は、一日、一瞬を大切にできないのか? こんな嘆きは昔から。

寸陰惜しむ人なし。・・・刹那覚えずといへども、これを運びて止まざれば、命を終ふる期、たちまちに至る。」(徒然草108段)

人生は一瞬(寸陰・刹那)の積み重ね。
そんな一瞬を惜しまず、意識せずにいたら、たちまち一生が終わってしまうよ。

かつてサッカーのロスタイムは、残り時間が提示されないものだった。
人生は「ロスタイム」のようなものだと思って、刹那を生ききるべきだろう。