人知れず善いことを

マルクス・アウレリウス自省録をざっと読み返して。

君が善事をなし、他人が君のおかげで善い思いをしたときに、なぜ君は馬鹿者どものごとく、そのほかにまだ第三のものを求め、善いことをしたという評判や、その報酬を受けたいなどと考えるのか。」P140

人知れず善いことをしよう。目立つかどうかで関係なく善いことをしよう。
アラブのことわざにこんなのもある。

善いことをしておいて、あとはそれを忘れて海に投げよう。

善いことをしても見返りは求めない。そんな潔い生き方をしたいもの。