徒然草・第74段

バタバタ働いて、長生きと利益に執着したところで、待っているのは老いと死。
この世が永久不変じゃなくて、万物は流転するってことに早く気づきなさいよ。
ってなことが第七十四段に書いてある。

吉田兼好「徒然草」第74段
 蟻のごとくに集まりて、東西に急ぎ、南北に走る。高きあり、賎しきあり。老いたるあり、若きあり。行く所あり、帰る家あり。夕べに寝ねて、朝に起く。営むところ何事ぞや。生をむさぼり利を求めて止む時なし。
 身を養ひて何事をか待つ、期するところ、ただ老と死とにあり。その来たること速かにして、念々の間に留まらず。これを待つ間、何の楽しびかあらむ。
 惑へるものはこれを恐れず。名利におぼれて先途の近きことを顧みねばなり。愚かなる人は、またこれを悲しぶ。常住ならんことを思ひて、変化の理を知らねばなり。

人生はたった一度きり。なんでこんなにも大切なことをうっかり忘れてしまうのか?
やってみたいことがあるけどあの話が終わってから、なんて考えはダメだよね。
人生の素晴らしさや時間の大切さを普段からもっと意識して生きてかなきゃ。