日本最古の木造洋館が売物件に?!(長崎・南山手十六番館)

長崎のグラバー園を訪問後、出口の向かいで驚きの看板を発見!
百数十年前に建てられた日本最古の木造洋館が売物件?!

南山手十六番館

文化財が売物件なんてことがあるのか?

調べてみると以前は歴史資料館だったようで、
遠藤周作(1923~96)はここの展示品の踏み絵と出会い、
代表作「沈黙」を執筆というエピソードもあった。

長崎市観光サイトの2003年の記事内で、
歴史資料館の展示品は個人の収集品とされているから、
建物自体の所有者もその人だったのかもしれない。
※踏み絵の所有者についてはこんなチラシを発見。

原爆の被災を免れて現存する文化財だから、買い手が見つかるといいね。