広井良典「コミュニティを問い直す」の時代錯誤

これからのコミュニティ(共同体)のかたちをどう考えるか?

広井良典コミュニティを問い直す」では、
コミュニティの崩壊による個人の社会的孤立
に焦点があてられ、

日本社会における根本的な課題は、「個人と個人がつながる」ような「都市型コミュニティ」ないし関係性というものをいかに作っていけるか、という点に集約される」(P18)

という問題意識をもとに議論が広げられている。
最近、寺院崩壊の実情も読んだけど、

かつての村や町の神仏を中心にしたコミュニティは崩壊。
そして終身雇用と年功序列に基づく会社形態も失われた。

ただあくまで「場所に依存する」コミュニティの崩壊の話。
交通・通信手段の発達はもちろんネットワーク社会が到来により、
今やウィリアム・ダビドウが問題視したような

といった時代へ変わってきているのだ。

もちろんここ十数年の急激な変化だったから、
取り残されてしまった人も多くいることが問題なのも分かる。
でも時代の変化に合わせてまずは、

  • コミュニティは物理的な制約を受ける(場所から生まれる)
  • コミュニティが成り立つには中心的な存在が必要

といった考え方を捨てていかなければ、
時代に即したコミュニティのありかたが見えてこないのでは?