自分のやり方にこだわれば、努力は害でしかない。

先日紹介した、桜井章一「努力しない生き方」
「努力」の対義語を「工夫」と捉え、引き算思考を説いた一冊。
そういえば似たような話を説いている本があった。

  • 芦田宏直努力する人間になってはいけない

努力する人間になってはいけない専門学校の卒業式の式辞が元になっており、
原文は著者のサイトで読むことができる。

著者は企業の人材を4つに分類し、

  1. 怠け者だけれども目標を達成する人
  2. がんばり屋で目標を達成する人
  3. がんばり屋で目標を達成できない人
  4. 怠け者で目標を達成できない人

組織にとって最も有害な人材は、
がんばり屋で目標を達成できない人
であると指摘する。

これはドイツの軍人、ハンス・フォン・ゼークト(1866~1936)の

有能な怠け者は司令官に、有能な働き者は参謀にせよ。無能な怠け者は、連絡将校か下級兵士にすべし。無能な働き者は、すぐに銃殺刑に処せ。

という名言に基づいている。

なぜ組織にとって有害なのか?
怠け者で目標を達成できない人はそのうち退職するが、
がんばり屋で目標を達成できない人は、

仕事の仕方を変えて目標を達成しようとはせずに、時間をさらにかけて達成しようとする。これが努力をする人が目標を達成出来ない理由です。

努力主義は実はエゴイズムであって、自己のやり方を変えない。努力する人は謙虚なように見えてそうではない。むしろ自分に固執する偏狭な人なのです。

と著者は指摘している。
日本は解雇条件が厳しいから、この手の人は本当に迷惑だよね。

このように桜井章一、芦田宏直、両氏ともに、
思考の硬さに「努力」というキーワードをあてはめているが、
努力そのものが無意味だ、と説いているわけではない。
結局は古くから繰り返される教えの焼き直しなのだ。

天下に水より柔弱なるはなし。
しかも堅強を攻むる者、これによく勝るものなし。
そのもってこれを易うるなければなり。
弱の強に勝ち、柔の剛に勝つは、
天下知らざるものなきも、よく行なうものなし。

この世に水より柔らかく弱いものはないが、
弱さが強さに勝ち、柔らかさが堅さに勝つのが世の定め。
老子は説いた(78章)。

もし、努力しているのに報われないと感じているのなら、
自分を押し通し、同じ場所で無限ループしているのでは?
自らの考えに固執せず、あやまりを素直に認め、
しなやかに方法を見直していかなければ、前へ進めないよ。