夢窓国師の桜歌/中世の美意識と尊氏讃歌

夢窓国師夢窓疎石)。
鎌倉末期~室町初期を生きた臨済宗の禅僧で、
天皇から7つもの国師の称号を贈られた人物。

これまで枯山水や幸福論の文脈で紹介してきたけど、

調べてみたら桜の和歌を多く詠んでいた。
正覚国師御詠」の中から何首か紹介しよう。

誰もみな 春は群れつつ 遊べども
心の花を 見る人ぞなき

世間一般の花見を批判し、心の花に目を向けよと説く。
同時代を生きた兼好法師も

花は盛りに、月は隈なきをのみ、見るものかは。・・・咲きぬべきほどの梢、散りしをれたる庭などこそ見どころ多けれ。・・・すべて月・花をば、さのみ目にて見るものかは。」(徒然草・137段)

と残したように、
心の中で花を咲かせることが中世の美学。
夢窓が美意識の高い文化人だったことが伺い知れる。

また足利尊氏が夢窓の元を訪れた時に詠んだ和歌。
尊氏もまた桜の散った後の西芳寺を好んだようで、

心ある 人の訪ひ来る 今日のみぞ
あたら桜の 咎を忘るる

心ある人(=尊氏)は訪れた今日だけは、
散りゆく桜の定めを忘れることができる。

盛りをば 見る人多し 散る花の
後を訪ふこそ 情けなりけれ

満開をすぎて桜の良さが分かる尊氏は情けを知る人。
すなわち心の中に散らぬ桜を持っている人物だと。

夢窓の尊氏賞賛は有名で、
南北朝時代の歴史書「梅松論」の中では

仁徳を兼ね給へるうえに尚大いなる徳有るなり。

仁徳を兼ね備えている上に、さらに3つの徳があり、

  1. 戦いに臨んでも微笑をたたえて恐れない勇気
  2. 思いやりがあり、敵をも憎まない寛容さ
  3. 富への執着がない

こんな将軍は末代まで現れないだろう、と称していたという。
歴史書はその時代の権力者に有利な内容になるものだけど、
和歌も残っているのだから、尊氏は偉大な人物だったのかも。

晩年にこんな桜歌を残しており、

これやまた 春の形見と なりなまし
心に散らぬ 花の面影

行く末の 春をも人は 頼むらむ
花の別れは 老いぞ悲しき

桜への想いは西行に似たものもあったかもしれない。
でも夢窓の桜観を最も表したのは、

見るほどは 世の憂きことも 忘られて
隠れ家となる 山桜かな

山桜の花そのものが世俗から切り離された隠れ家。
夢窓にとっての桜は、心を整えるための花だった。