神と仏の違い/鎌田東二「神道とは何か」

神道とは何か神と仏の違いは何か?
鎌田東二「神道とは何か」の説明が分かりやすい。

  1. 神は在るもの、仏は成るもの。
  2. 神は来るもの、仏は住くもの。
  3. 神は立つもの、仏は座るもの。

神はそこに「在る」ものであって、
仏は悟りを得ることによって「成る」もの。
神は存在論だか、仏は実践論であり認識論の世界観。

神はどこからともなく「やって来る」のに対して、
仏は真理の世界へ「渡って往く」ことである。
※関連記事…「お客さまは神様」の文化的背景

神は柱のように「立ち」、あちらとこちらをつなぐ。
仏は坐禅に代表されるように「座る」もの。