人生の豊かさは孤独を楽しむ力で決まる

学校や会社では多くの人と交流しなければならない?
みんなで力を合わせて何かを成し遂げることが美しい?

新生活のはじめに聞かされる言葉を信じてはいけない。

孤独を恐れ、人とつながる感動に飢えた人間は、
社会からお金や時間を搾取されるカモになることだろう。
型にはまった感動に群がる良い消費者になってはいけない。

また、人づきあいにおける真に価値ある人生とは、
万人と適当に付き合う、誠意の欠けた人生ではなく、
ただ一つでも確かな信頼関係を築けた人生のことだ。

かつて日本では、文化創造の方法として、
無常数寄幽玄、わび・さびといった美意識があった。

なんでもないところに美を見出すには、
外側ではなく内側から湧き出る感動が不可欠なのだ。
だから孤独や寂しさがないところから何も生まれはしない。

他人と違う人生を送りたければ、孤独を楽しむ力をつけろ!

以上、新生活がスタートするみなさまへのメッセージでした。