ドライバー人手不足、2015年問題が現実に!

私の地元では佐川急便の流通網が破綻した。
ちなみに私の住まいは無人島ではなく二子玉川。

数年前にこの地へ引っ越してきて以来、
荷物を届けてくれていたドライバーさんが昨年末に引退。
どうやらその後、後任が見つからないようで、
時間指定の配達・集荷システムが崩壊している。

  • 時間指定でネット注文すると、そばのセンターに荷物があるのがネットで分かるのに、そこから何日も動かない。
  • 1回目の配達の時に運悪く受け取れず、再配達のお願いを日時指定すると届かない。

こちらからセンターへ電話して、
「いつでもいいから、宅配BOXへ入れてください。」
とお願いしないと、荷物を受け取ることができない。。。

また最近は蔵書の整理でブックオフの宅本便を利用しているが、
集荷を担当するのが佐川急便なので渡すのに一苦労。。。

2015年はトラックドライバーの人手不足が深刻化!
と国土交通省が2008年に予言していた年なのだ。

また全日本トラック協会による最新の統計データを見ると、
ドライバーが年々高齢化していく状況がよく分かる。

みなさんの地区を担当するドライバーさんが高齢の場合、
その人が引退してしまうと、荷物が届かなくなるかもよ。

コメント

  1. より:

    投資が好きなんですか?
    ”かわりはいくらでもいる”と投資家も言っていた事実は風化させません。

  2. まろ@管理人 より:

    「投資が好き」
    めずらしい表現ですね。
    たしかにパチンコ感覚の方はそんな感じなのかな。
    「かわりはいくらでもいる」
    20世紀後半のアメリカから出てきた経済・金融・経営の分野はみんなそんなことを言ってましたね。その最たるものがMBAと呼ばれる人々で、悲しいかな私もそれを持っています。
    1人1人のかけがえのなさ、といった哲学的要素を受け入れなければ、今後の世の中を読み解くことはできないでしょうね。