ホヤの不思議。「進化=脳の発達」ではない!

進化ってなんだろう?
そんな疑問が生じてしまうホヤの生き方。

ホヤは生まれて最初にすることは終のすみかを探すこと。
いい岩を見つけると、生涯同じ場所で過ごし、
海水を飲み込み、プランクトンを食べ、残った水を吐き出す…
この作業を延々と繰り返すことで生きていく。

あまりにシンプルな生き方ゆえに、もはや知力は必要なし。
多くのカロリーを必要とする脳を自分で食べてしまう!

以前紹介したように、人間は料理を考えついたから、

  • 効率的なカロリー摂取で脳を発達させる
  • 余裕ができた時間で様々な技術を発明・創造する

ことで今日まで進化することができた。

その一方で脳を棄て、カロリー面で最高に効率的に生きるホヤ。
ヒトとホヤ、どちらがより進化した生き物といえるのだろうか?