坂道には神が宿る/山野勝「大江戸坂道探訪」

山野勝「大江戸坂道探訪」大江戸坂道探訪。
著者は日本坂道学会の会長、山野勝氏。
ちなみにこの学会2名で副会長はタモリさん。

たくさん歩いた方が頭の回転が良くなる気がして、
駅2つくらいの距離なら歩くことにしている。
そんな時に出会った坂道の本。おもしろい。

港区は坂が多い印象があり、
なんと港区のWebサイトにこんなページが!

そういえば港区に神社が多い気がするのは、
坂道が多いことと何か関連があるのかもしれない。

かつては坂道に荒ぶる神がいると信じられていた。
峠や岐路など何かの境界には神が宿るといった感覚。
万葉集にこんな歌がある。(巻20・4402)

ちはやふる 神のみ坂に 幣まつり
いはふ命は 母父がため

神坂峠(長野と岐阜の境界あたり)を超える際に、
幣(ヌサ)を奉じて、荒ぶる神を鎮めようとした。

幣と境界を詠ったより有名な和歌は、
百人一首菅原道真の歌だ。

このたびは ぬさもとりあへず 手向山
紅葉の錦 神のまにまに

かつて都があった平城京から見て手向山は東のはて。
都の内と外を分ける境界は異世界への入口でもあった。
そんな場所に神を鎮める幣も持たずに訪れた時に詠まれた。

というわけで私も坂道探検に幣を…捕まるよね(笑)