エコプロダクツ2014。株式投資への生かしかた。

昨日はお台場で開催中のエコプロダクツ2014へ。

まずは「モス山形」のブースへ。
地方の耕作放棄地でコケを栽培して、
都市部の建物の屋上や壁面を緑化する会社。

これが流行れば街全体が苔寺の西芳寺みたいに!?
というノリでMSのファンドを通じて出資したから、
実物を見に行きたかったんだ。

そんな話をブースにいた山本社長にしたら、
おみやげにコケをもらっちゃった。ちゃんと育てられるかな。

エコプロ2014でいただいたモス山形のコケ

その後プラプラ歩きながら全体を観察。
ひとまわりして、こんな投資アイデアを思いついた。

社員と無関係のコンパニオンがいる会社は投資対象から外す。
服の布を節約して肌を露出することがエコではない!

先日の企業レポートへのツッコミとも連動するしね。

こんなことに気が付いたのは、トヨタとホンダのブース。
モーターショーではコンパニオンがセットの付いてくるけど、
エコプロでは主に環境技術の説明できる社員が応対してた。

時と場合に応じて情報発信方法を変えられる柔軟性が○。

ちなみにエコプロは小学生の来場もかなり多いので、
ホンダは仮面ライダードライブに「NSX」を提供しているから、
NSXコンセプトのCSR」を展示してもおもしろかったのでは?

続いて自然資本研究会の講演会へ。
テーマは、
「企業価値と環境リスク~資産運用と情報開示の観点から~」
登壇者がこの分野のオールスター。

  • 足達英一郎さん(日本総研)
  • 黒崎美穂さん(ブルームバーグ)
  • 阿部和彦さん(PwCサステナビリティ)
  • 金井司さん(三井住友信託銀行)

問題意識の根底にあるものを簡潔に言うなら、
自然資本(土地、水、大気、生態系)の劣化により、
生産性向上や豊かさの追求は不可能になるのでは?
となると資産運用もままならなくなるという話。

そんな話、初めて聞いたよ!という方は、
環境省「図で見る環境・循環型社会・生物多様性白書」

を読んでみてね。

阿部さんから紹介のTIMMが初耳でビックリした。
TIMMとBloombergのコラボで経営の意志決定ができちゃう。
まさにビッグデータの時代ってこのことなんだなぁ。。。