道を極めるための9ヶ条/宮本武蔵「五輪書」地の巻

宮本武蔵の「五輪書」には不思議な魅力がある。
もちろん剣の道(兵法の道)を念頭に書かれているが、
読み手の視点によって、形を変えて心に飛び込んでくる。

ビジネス書として受け止める人もいるだろうし、
私にとっては投資の心得がてんこ盛りに読めてしまう。
(サッカーで相手をドリブルで抜こうとする時にも)

武蔵は特に「拍子」すなわち「タイミング」の大切さを説き、

  • 物事が「さかゆる拍子」と「おとろふる拍子」を見極め、
  • 「あたる拍子」「間の拍子」「背く拍子」を踏まえて、
  • 「知恵の拍子」から生まれる「空の拍子」を手にする。

あとは縁のあたりを打てば、どんな瀬戸際も乗り越えられる
これはまさに投資の極意だ。

宮本武蔵「五輪書」そしてこの極意に近づくための9ヶ条が、
「拍子」について説かれたすぐ後に示されている。

  1. よこしまになき事をおもふ所
  2. 道の鍛錬する所
  3. 諸芸にさはる所
  4. 諸職の道を知る事
  5. 物毎の損得をわきまゆる事
  6. 諸事目利を仕覚ゆる事
  7. 目に見えぬ所をさとつてしる事
  8. わづかなる事にも気を付くる事
  9. 役にたゝぬ事をせざる事

武蔵が残した箇条書きの教えには、
「兵法三十五箇条」や21ヶ条の「独立道」もある。
でもこの9ヶ条の方がすっきりまとまっていて、
いつの時代にも通じる普遍的な内容になっている。

多くの文芸や職能の道を知り、広い視野に立って、
あらゆることの真実を見極める力を養おう!

コメント

  1. hat より:

    九つの教え、二十一箇条と比べたご意見、私も同感です。
    生まれは1944年
    二十一箇条を40-50年も続ければ身も何もボロボロになり、
    幸せな孤独に浸れます。
    不思議に魂まではボロボロに成らず鉄に漆を塗り、それを
    焼いたような自分に成れます。 
    何事も実践からとつくづく感じます。実践。
    何れの道にも別れを悲しまず。