美学を持って生きる/菜根譚・前集55,66、後集70

老子の(33章)「足ることを知る者は富めり」にはじまり、
古今東西で説かれた「足を知る」ことの大切さ。
もちろん中国古典の集大成である菜根譚にも残されている。

まずは前集55項と66項を続けて紹介すると、

奢る者は富みて、しかも足らず。
何ぞ倹なる者の貧しきに、しかも余りあるを如かん。
能ある者は労して、しかも怨みに府まる。
何ぞ拙き者の逸にして、しかも真を全うするに如かん。

贅沢な人はいくら豊かになっても満足できないものだ。
貧しくとも心に余裕を持って生きた方がよいではないか。
才能のある人は努力しても人の恨みを買うものだ。
不器用でもありのままに生きた方がよいではないか。

人は名位の楽しみたるを知りて、
名無く位無きの楽しみの最も真たるを知らず。
人は飢寒の憂いたるを知りて、
飢えず寒えざるの憂いの更に甚しきたるを知らず。

世間では名誉や地位があることが幸福とされるが、
そうしたことに無縁の人の方が幸せに生きている。
世間では飢えや寒さに耐える暮らしは不幸とされるが、
そうしたことに無縁の人にはそれより苦しい心の悩みがある。

隣の芝生は青く見えるもの。
でも本当は私の芝生もあなたの芝生もいつも青々としている。
いつだって今いる場所が一番幸せのはずなんだ。
それが分からなければ、常にないものねだりで悩むだろう。

最後に後集70項より。

寵辱に驚かず、閑かに庭前の花開き花落つるを看る。
去留に意無く、漫ろに天外の雲巻き雲舒ぶるに随う。

世間の賞賛や非難に惑わされるな。
咲いては散りゆく庭先の花のようなものだから。
地位の変化にも心を乱されるな。
空に浮かぶ雲が風まかせに形を変えるようなものだから。

たしかな価値観があれば、世間の評判なんてカンケーない。
また価値観がなければ、大切なものが何か分からなくなる。

たとえば資産運用の世界でありがちなのは、
個人投資家が株式投資でインデックスと比較しがちなこと。
TOPIXや日経平均に勝った負けたという話は、
運用成績が給料に影響する仕事で運用している人の基準。
そうした喧騒に無縁でいられる方が運用は安定するものだ。

人生においていちばん大切なのは、
自分なりの美学や美意識を養うことかもしれない。

以上で菜根譚・連載をいったんおしまい。