サラヤ/200社のレポートから選ぶ、投資に値する企業。

前回は「統合報告」ジャンルから堀場製作所を紹介した。

今回は「CSRレポート」のジャンルから目を引いたレポート。
群を抜いて目立っているように見えたのが、
サラヤの「持続可能性レポート2013

正直デザインはパッとしない。
しかしページをめくると「なんだこれは?!」。
社長がスーツにネクタイで写真に収まるのではなく、
自ら途上国へ足を運び、国際会議に出席した姿が次々と。
まるでNGOの代表のようだ。

saraya

自社の社会での存在意義をしっかり見出し、
それに合わせてCSR活動が行われていることがよく分かる。
知らない話ばかりだったから読み物としてもおもしろかった。

読み終えて「株価 サラヤ」とGoogleに聞いても答えがない。
残念ながらサラヤは非上場会社だったのだ。
同族・非上場だからここまでできるとしたら悲しいね。

でもレポートを読む際の新たな視点を手に入れた。
トップメッセージにおいて、

  • サラリーマン社長は室内で微笑む無難な写真
  • 本物の社長は現場で活動している姿を見せたがる

そんな傾向があるのかもしれない。