雇用を伴わない景気回復の原因/タイラー・コーエン「大格差」

金融危機後の景気回復が雇用拡大を伴わないのはなぜか?

タイラー・コーエン「大停滞」アメリカで議論されるきっかけとなったのが、
タイラー・コーエン「大停滞」だという。
※原題は"The Great Stagnation"(2011年1月)

20世紀に自動車産業が成長した時と比べると、
インターネット産業が生み出した雇用は極めて少ない。
イノベーションの停滞」が原因との主張だった。

企業そのものを金融商品であるかのようにみなし、
研究開発に時間のかかる製造業を捨てたアメリカ。
ものづくりにこだわり、変わることができない日本。

日米失業率の推移

日本とアメリカの失業率の推移から判断すると、
この時のコーエンの主張はなんとなく腑に落ちるものだった。

機械との競争これを受けてマサチューセッツ工科大学(MIT)の
エリク・ブリニョルフソン、アンドリュー・マカフィーが
機械との競争」で異論を唱える。
※原題は"Race Against The Machine"(2011年11月)

雇用が回復しない原因として専門家が唱える説を
以下の3つに整理し、

  1. 景気循環説(回復に時間がかかっている)
  2. 停滞説(技術革新の伸び悩み)※コーエンはここ
  3. 雇用喪失説(技術革新により労働力が不要に)

3番目の雇用喪失説を採用。
技術革新のスピードに人間が時代遅れになってしまい、
人間にしかできない仕事が急速に減少していることを指摘。

タイラー・コーエン「大格差」この議論はその後どうなったのか?
コーエンの最新刊の邦訳「大格差」を読んでみた。
原題は"Average Is Over"(2013年9月)

結論を言うとコーエンは雇用喪失説へくらがえ
コーエンの描く人と機械との未来は、

  • 人間とコンピューターのチームこそ、最強のチームである。
  • 賢い機械を動かす人物は、その課題に関する専門家である必要はない。
  • 技能が一定水準に達しない人物を機械と組ませると、機械単独の場合よりも有効性が落ちる。
  • 自分の限界を知ることが今まで以上に重要になる。

であり末尾ではこうまとめる。

これからやって来るのは、天才的なマシンの時代。そういうマシンと働ける人が豊かになる。社会は大きく二つに分かれることになる。テクノロジーに牽引される活力のある産業で働き、目をみはる成功を収める人たちと、それ以外の人たちに。

つまり機械によって中産階級の仕事が失われ、
機械を使いこなす人材に富が集中する未来が来る

ゆえに「大格差」であり"Average Is Over"なのだ。