200社のレポートから選ぶ、投資に値する企業。

毎年秋になると上場企業のレポートがドッサリ届く。
どういう基準で選ばれたのかはよく分からないけど、

  • アニュアルレポート
  • CSRレポート・環境報告書
  • 統合報告書

といったレポートがだいたい200社近く。
新たな投資先との出会いを求めてすべてに目を通す。
とはいえもちろんすべてを熟読はしないよ。
まずは1社30秒程度で高速仕分け中。

アニュアルレポートの仕分け中

20~30社になるまで、ふるいにかけるのだけど、
1回目の仕分けでは、

  • 目次の構成がありきたりで魅力なし
  • 社長のメッセージが薄っぺらい
  • 第三者意見のバランスがおかしい

レポートは読まない箱へさようなら。

私の中での専門家による第三者意見は、
本質的には不要なお飾りのようなものという認識。
なのに社長の言葉より分量が多いとかありえない!
私には会社のお金を無駄遣いしているように感じるよ。

このあたりの話で取材を受けることもあるので、
気が向いたら頭の整理ついでに続きを書いてみるね。