寿命の延びに関係なく、人生は20代で決まる!

人生は20代で決まる人間の寿命が延びたのだから、
今の30歳は昔の20歳と同じようなもの?

心理学者メグ・ジェイは下記のデータをもとに、
そんな考え方は人生を台無しにする!と警告する。

  • 人生で重要な出来事の80%は35歳までに起きる
  • キャリア最初の10年間で生涯賃金が決まる
  • 半数以上の人々が30歳までに結婚している
  • 脳は20代で人生最後の成長を遂げる
  • 女性の妊娠率は28歳がピーク

本を読まなくてもTEDの講演を見れば十分だからぜひ。

不思議なもので室町時代に世阿弥が同じことを説いている。
年代別の能楽論を説いた「風姿花伝・年来稽古条々」。
34~35歳の頃が芸の絶頂期であり、

この時分に、天下の許されも不足に、名望も思ふ程もなくば、いかなる上手なりとも、いまだまことの花を極めぬ為手と知るべし。

この頃までに世に認められなければダメ。

上がるは三十四五までのころ、下がるは四十以来なり。
この頃は、過ぎし方をも覚え、また、行く先の手立てをも覚る時分なり。

芸が向上するのは、34,5歳まで。40歳以降は落ちていくのみ。
過去を振り返り、身の丈に応じた将来の方針を立てていくべき時期。
34~35歳までにどう生きてきたかで、人生が決まるということだ。

現在36歳の私も人生を振り返るとなんか納得。
たしかに20代の時にメチャクチャこだわったものは手に入れ、
それに集中するあまり、無頓着だったものには縁がない。

「運がいいだけだから、良い子は私のマネしちゃダメ!」

と若い人たちに伝えるようにはしてるけど、
やっぱり20代の頃の行動に何かヒントあるんだろうなぁ…。
私の人生観シリーズの記事リストはこちら