日本人は昔から「おカネ」に執着(日本霊異記)

逝きし世の面影渡辺京二逝きし世の面影
これがとんでもない名作であるがゆえに、
幕末以降、日本人の気高い精神性が失われた。
というような指摘をする人もいるけどウソ。

といった古典を引用しながら、
おカネに執着する日本人を紹介したけど、
822年頃にできた日本最古の説話集にも見つけた。

日本霊異記日本霊異記(正式名称は「日本現報善悪霊異記」)。
上巻の31番目に仏教にまつわるこんな小話が登場。

聖武天皇の時代、ある人が吉野山で仏教の修行をし、
3年ほどたったとき観音の名号を唱え
「お金とお米と美女をたくさん施し下さい!!」
と願ったところ、これが全て叶ってしまうという話。

当時は仏教を信じればあなたの欲望が叶いうよ!
みたいな布教のされ方だったのではないだろうか。

日本人は今も昔も欲望まみれの標準的な人間ってこと。
最近テレビで日本人賛美の番組がやたら多いので、
こういった姿も調べて編集するのも価値があるかな。