禅の悟りへ至る道「十牛図」

禅の悟りへ至る道筋を描いた10枚の絵と出会った。
なるほど!と感じたので、かいつまんでまとめておこう。

周文 筆 「十牛図」

尋牛
十牛図 (1)

見跡十牛図 (2)

見牛
十牛図 (3)

得牛
十牛図 (4)

牧牛
十牛図 (5)

騎牛帰家
十牛図 (6)

忘牛在人
十牛図 (7)

人牛倶忘
十牛図 (8)

返本還源
十牛図 (9)

入鄽垂手
十牛図 (10)

 

主に牛と牧人が描かれているが、その意味するところは、

  • 牛・・・本当の自分
  • 牧人・・・本当の自分を追い求める自分

禅の目的は「本来の自己に出会うこと」であり、
その過程がうまく図解されていておもしろい。
絵にはそれぞれ詞書きがあるので以下に抜粋してみる。


尋牛

飼っていた牛がいなくなり、牧人は途方に暮れる。

従来失せず、何ぞ追尋を用いん。
背覚によって以って疎と成り、向塵にあって遂に失す。

本来失われるはずのないものだから、探す必要もない。
だが心の迷いによって疎遠になり、世間の塵に目が曇って見失った。

あるがままの自分が、本当の自分と感じられない。
世間の「あたりまえ」や「普通」に惑わされているから。
でもそれが分からないから、自分探しが必要なのだ。

見跡

牛の足跡を見つける。

正邪弁せずんば、真偽なんぞ分かたん。
未だこの門に入らざれば、権に見跡となす。

正邪真偽の区別はつかず、ただ牛の足跡をながめるばかり…

ここでの足跡とは、過去の経典や名僧の言葉を指す。
一般人の視点に直せば、足跡は古典と考えていいだろう。
本屋で平積みされている薄っぺらい自己啓発本より古典なのだ。

見牛

声より得入し、見処源に逢う。

音に誘われ、ふと顔をあげれば目の前に牛がいる。

ちなみに白隠禅師(1686~1769)は悟りを開いた瞬間は、
遠い寺の鐘が宇宙を揺るがすような音に聞こえた時だという。

得牛

ついに牛を捕まえる! でも暴れて大変!!

境の勝れたるによって以って追い難し、
芳草を恋いてしかもやまず。

ようやく牛を捕まえたが、荒れていて意のままにならず、
荒野の草を求めて逃げようとする。

悟りを得たもののまだ自分のものになっていない段階。

牧牛

牛を飼いならす。

覚りによるがゆえに真となり、
迷いにあるがゆえにしかも妄となる。
境によって有なるにあらず、ただ心より生ず。

悟りから生まれた考えであれば真理だが、
煩悩から生まれた考えであれば虚妄だ。
真理と虚妄との境界のせいではなく、心のせいなのだ。

どことなく夢窓国師(1275~1351)の
「山水には得失なし。得失は人の心にあり。」に似ている。

騎牛帰家

牛の背に乗り、家に帰る。

干戈すでにやんで、得失また空ず。

自己と自己との戦いは終わり、得失の問題はなくなった。

忘牛在人

家に帰った牧人は、すでに牛のことも忘れて月を眺めている。

牛もまた空じ、人もまた閑なり。

本当の自分を見出した今、牛の姿は消え、あるのは私の姿だけ。

人牛倶忘

牛が消え、人も消えた。
自分へのこだわりを捨て、本当に大切なものだけが残る。
「あきらめる」ということが「明らかに、見極める」ことであるように。

返本還源

描かれたのは自然のみ。

本来清浄にして、一塵を受けず。
有相の栄枯を観じて、無為の凝寂に処す。
幻化に同じからず、あに修治を仮らんや。
水緑に山青くして、坐に成敗を観る。

自分を離れて、ただ目に映る景色を楽しむ。
ここまでくれば、世間の常識とされる価値観にとらわれず、
自分自身の価値観で世界を見つめ直すことができるようになる。

入鄽垂手

悟りを得て布袋様のようになった牧人が、人を導こうとしている。


禅の道を進んでいるわけではないけど、
私はどのあたりまで来られたかな?なんて考えてみる。
人生全般はまだまだだけど、投資に限れば後半部かな。

たとえ「入鄽垂手」まで到達できたとしても、
ちょっとしたことで「尋牛」へ戻っちゃったりするんだよね。
だから人生はむずかしくもおもしろいのだ。