瞬間を捉える日本美とその功罪

文化史において日本と海外との決定的な違いは、
日本は目の前の「美」を「」で捉えようとすること。

古池や 蛙飛びこむ 水の音(芭蕉)

中国だったら漢詩で情景を描くことからはじまり、
最後の方はなぜか仙人や龍まで出てくる長文の詩。
西洋の詩であれば、哲学的に熱く語るだろう。
海外の美的感覚は「」で表現されているのだ。

和歌や俳句に限らず、

というように、日本文化の全般にわたって、
日本人が「瞬間」を大切にしてきたように思える。

それと裏腹の関係にあるのか日本はどうも長期計画が苦手。
企業が長期計画といってもせいぜい5年先だったりするし、
街作りも長期的な全体像がないまま開発が進んだりと、
1つ1つの和歌を組み合わせる連歌のような計画の立て方だ。

その背景に何があるかといえば、おそらく自然災害の多さ。
それが遠い将来まで計画を立てる感覚と相反するんだろうな。
その一方で日本には創業100年以上の企業が10万社以上もある。
一貫性のなさが意外と変化への対応力につながっているのかも。