真夏の夜の月歌

日本の月というと中秋の名月など秋のイメージだけど、
和歌集をめくっていたら、夏の月もあることを知った。
月の和歌といえば、まずは西行の「山家集」より。

むすぶ手に 涼しき影を 慕ふかな
清水に宿る 夏の夜の月

影さえて 月しもことに 澄みぬれば
夏の池にも つららゐにけり

手ですくった水に月が映ったのを見て涼しさを感じたり、
月の光が広がった池を氷が貼ったものと見立ててみる。

夏の月見に納涼を求める感覚は西行に限ったものではない。
藤原教長も泉で水をすくい涼みながら氷を感じ、

夜もすがら むすぶ泉に すむ月は
手にもたまらぬ 氷なりけり

藤原長家は月の光に照らされた庭の白砂を霜に見立てる。

夏の夜も 涼しかりけり 月影は
庭しろたへの 霜とみえつつ

昼間は特に暑い夏。
ゆえに陽が落ち、涼しくなる夜が待ち遠しかった。
月がのぼる日であればなおさらだ。

夏は夜。月の頃はさらなり…

という「枕草子」はそういうことなんだろうね。