「日本サッカーの日本化」の再考を!【W杯2014】

たぶん明日が日本代表にとって今大会、最後の試合になるけど、
先週のギリシア戦はとにかくガッカリする内容だったね。
フランスでは(フランス時刻で0時キックオフ)

観ないで寝てしまった方、ご安心を。何も見逃していません

と評されてしまったのだとか。
前半38分にカツラニスが退場したのだから、
ハーフタイムに入る前に試合を決めにいく気迫がないと…。

  • 試合の状況によって戦い方を変えることができない

ヨーロッパのリーグで活躍する選手が増えたとしても、
今も昔も変わらぬ判断力不足という日本代表の欠点。

でも、短所は長所の裏返しだったりするものだよね。
ヨーロッパや南米を模倣しようと目指すから欠点になる?
日本らしいサッカーとは何か? 今一度、考えるべきかも。
日本企業のグローバル化なんかにもつながる話だね。

一番最初にやらなければならないことは、現在の日本代表チームを日本化させることです。日本代表が、本来持っている力を引き出すことが必要だと思います。そして初心に帰ることが大切だと思います。そうすれば日本人選手が本来持っているクオリティ、力を出してくれるんじゃないかと思います。ですから、初心に帰っていただいて『日本らしいサッカーをしよう』ということです。
---イビチャ・オシム氏の日本代表監督就任会見(2006年)

次の代表監督は日本のことが分かってる人がいいな。
外国人なら日本で選手・監督経験があるストイコビッチとか。
そして私の日本文化の旅も、いつかサッカーとつなげたい。

とりあえず明日のコロンビア戦はいい試合をして欲しい。
オーストラリアは3戦全敗、韓国は弱いしラフプレーで不評…。
アジア勢でワールドカップにふさわしいのはイランだけだから。

最後に。
おもしろいぞ、日本コロムビア!!
140624