電子出版3作目の設計図

もともと日本文化の追っかけをはじめたのは、
日本企業への長期投資のため、って観点もあった。

今という場所で世間と同じ視線で物事を見つめていては、
見えたとしても半年くらいの未来が限界だと思う。
だから文化的な歴史資源が蓄積された過去を知り、
現在へと視点を移すことで、少し遠い未来が見えるのでは?

というわけで次回作の題材となる過去の記事はこんな感じ。
扇子や仏壇については、図書館に調べに行かなくちゃ。
ブログに書きためとくと、いろんな編集が楽しめておもしろい♪

  1. ちひさきものはみなうつくし
  2. 夢よりもはかなき世の中
  3. 引き算の美学