杉山久仁彦「虹の文化史」

グラフィックデザイナーが編集した「虹」にまつわる豪華本。
執筆、組版、装丁と一人ですべてやってしまうこだわりよう。
ただデザインが美しいだけでなく、内容も素晴らしい。
帯に収録されている全項目が掲載されているので紹介すると、

虹の文化史・帯

古今東西あらゆる分野のあらゆる文献の記述・図を集め、
とくに西洋史の「虹」の科学・思想の系譜を読み解く上で、
この本を超えるものは、この先出てこないかもしれない。

デザイナーとして「色」に関心をいだき、資料を集めるうち、
「虹」に関する良い本がないから、自分が作ってしまえ!
という著者の情熱によって完成した脅威の一冊なのだ。

虹は決して「光」の科学に留まるものではなく、
神々の世界との架け橋、といった宗教・神話の側面を持ち、
国によって何色見えるかの違いは言語の違いでもある。
また私たちは眼の中に「虹彩」という内なる虹を持っている。

あらゆる分野の交差点に立つ「虹」を編集した本書は、
虹を調べようとするすべての人が手にとることになるだろう。

図説 虹の文化史 図説 虹の文化史
(2013/12/25)
杉山 久仁彦
商品詳細を見る