The Intelligent Investor/バフェットからの手紙2013

「バフェットからの手紙2013」の17ページからはじまる
"Some Thoughts About Investing"編集企画の最終回。

  1. Fundamentals of Investing/バフェットからの手紙2013
  2. I suggest Vanguard’s/バフェットからの手紙2013

に続き最後に紹介するのは師匠グレアムに言及する部分。

"I learned most of the thoughts in this investment discussion from Ben’s book The Intelligent Investor, which I bought in 1949. My financial life changed with that purchase."

"For me, the key points were laid out in what later editions labeled Chapters 8 and 20. These points guide my investing decisions today."

ベンジャミン・グレアム「賢明なる投資家」。
この一冊に出会った1949年。投資家としての人生が一変。
そしてこの本の8章・20章が彼の投資判断の核心となる。

私が8年前にまとめた記事があるのでよかったらどうぞ。
2005年に日本株が急上昇したのを受けて読み直したもの。
今は当時に似ているからお薦めだよ。

バフェットは章の最後でこうまとめる。
自分の人生で最高の投資は師匠の本を買ったことであると。

"I can’t remember what I paid for that first copy of The Intelligent Investor. Whatever the cost, it would underscore the truth of Ben’s adage: Price is what you pay; value is what you get. Of all the investments I ever made, buying Ben’s book was the best."

私にはバフェット最後のメッセージのように感じられた。。。