就職活動の学生さんも企業の見込み客

この業界の人からこんな応対されたの初めて…と面食らった。
今日は私が個人ではなく、法人の立場だったから仕方ないか。
でも本当は、こんなことじゃダメなんだよね。

ふと以前よせられた、就職活動でのひどい体験談を思い出す。
あなたはエントリーシートで当社の基準を満たさなかったが、
もしご希望であれば、補欠として説明会をしてあげます。
って内容の失礼なお知らせを学生に送りつけた会社があった。

「こんな失礼な会社が企業理念に「愛」なんて掲げてるんですよ! CSRレポートも「いい会社」っぽく書いてるし、企業の情報発信なんて信用できません! 投資家としてどう思いますか?」

となぜか私が迫力いっぱいに責められたのを思い出す(笑)
子育て中に接点が多くなる商品が主力の会社だったから、
女子学生に対する応対としては、最悪のものだったと言える。

この例ほどハッキリした見込み顧客と接することはないけど、
世界は意外と狭いもので、どこでつながってるか分からない。
だから「一期一会」や「袖振り合うも多生の縁」って本当に大切。