リセットの日本文化

スーパーマリオの1-1でうっかりクリボーにぶつかった。
そんな時、誰もがリセットボタンに手を伸ばしたことだろう。
現実ではそんなのは通用しないから悪影響?
いやいや日本は伝統的にリセットを大切にしてきたよ。

  • 伊勢神宮の式年遷宮
  • 除夜の鐘で1年間の煩悩を祓い、新たな年を迎える
  • むすんでひらいて、手を打ってむすんで…

過去の実績から未来の目標へと時間を一直線に結んでしまい、
想定外の事態が起きると結びがこんがらがってほどけない…。
個々人から大きな組織にまで、たびたび起きる現代病だ。

結び目を自在にほどき、ふたたび結び直す潔さ
そのことを大切さに痛感したのは、投資家になってから。
予測は願望にすぎず、思考のリセットの必要性に迫られる。
「むすんでひらいて、手を打ってむすんで…」はいつものこと。

キャリアアップ、スキルアップみたいな言葉に踊らされ、
結局、過去にしがみついてるだけになってないかな?
きれいさっぱり新たな生を生き直す感覚も大切なんだ。