井筒清次「桜の雑学事典」

桜の生まれはヒマラヤ近辺、という説もあるとか。
海抜1,200~2,400mに生息するヒマラヤザクラって品種もある。

日本にどのように桜がやってきたのかは分からないけど、
おそらく鳥が種をついばんで、東へ運んできたんだろうね。
これもある意味「文化のたまり場・日本」の恩恵かもしれない。

17歳頃まで桜の名所のそばに暮らしており、毎春の喧騒にウンザリ。
桜は品のない酔っ払い達のための花。そんな認識だった。

桜が気になり始めたのは、本当に最近のこと。
叶わなかった願いより、叶った願いの方が断然多かった人生が、
ひっくり返ってしまい、あきらめなければいけないことばかりになった。

満開の時期はわずかで、潔く散りゆく桜へ憧れが生じたのだろうか。
叶わぬ想いや世の無常…、振り払おうと前を向いたとき、目に映る桜。
人生を投影することではじめて、桜は心の花となるのだ。

さまざまの 事おもひ出す 桜かな」(芭蕉)

私は平安~室町初期をさまよって、まだ日本の全体像が分からない。
もうすぐ春が来るから、桜の歴史・文化を俯瞰したいと思い、
巻末の「桜の日本史年表」にひかれて買ったのがこの本。
歴史・文化はもちろん品種や名所まで簡潔に編集している桜の入門書。

桜の雑学事典 桜の雑学事典
(2007/03/08)
井筒 清次
商品詳細を見る