秋の夜長に・・・いや、早く寝ましょう!

先月の後半からブログのPV(読まれたページ数)が急増中。
どうも夜通し過去記事を読んでいる方が結構いるみたい。
著者としては嬉しいけど、これは脳科学的に良くないんだよ。

睡眠は脳や体をクールダウンするための休息時間では決してなくて、もっと積極的に情報の整理や保管を行うための活動的な「行為」である。池谷裕二「単純な脳、複雑な私」P82

私たちが睡眠を必要とするのは、
日中に外部から取り入れた情報を編集するため。

強い刺激や感動を受けた分だけ長い睡眠が必要なんだ。

だから簡単な例をあげると…。
子供にとってこの世界は、新しいことだらけで刺激的だから、
脳内での情報編集に時間がかかり、長い睡眠につながる。
歳とともに世界への感動を失ってしまう人が多いから、
大人の睡眠時間は短くても平気になり、最後はボケちゃう。

だからね、秋の夜長に読書、なんて夜更かししたら、
結局、情報編集ための時間が短くなり、脳に定着しないんだ。

いくつになっても、たくさん感動し、たくさん寝よう!!