わが心は秋月に似たり

「○○の秋」が満載の日本。
月が秋の色、と詠ったのは西行だったか。

身にしみて あはれ知らする 風よりも 月にぞ秋の 色は見えける

秋の月をめでる心は日本独自のものではなく、
中秋の名月といった月見の習慣は中国に由来する。
最近、出会った唐の時代の漢詩。

吾心似秋月 (吾が心秋月に似たり)
碧潭清皎潔 (碧潭清うして皎潔たり)
無物堪比倫 (物の比倫に堪うる無し)
教我如何説 (我をして如何が説かしめん)

私の心は秋の月のよう。
水面に映った月のように清らかで輝いてる。
月に例えても、今の想いをうまく表現できないなぁ。

そんな感じの詩。
作者の寒山はどんな心境だったのたろう。
この時代の中国では、水面に映る月は極上の美。
李白は船の上から水面の月を捕ろうとして溺死したくらい。

月が美しく見えるのは、その人の心が美しいから。
月は眠りについた太陽の美しい夢。
その美しさにいつでも気付けるような人生を送りたいね。