リベラルアーツの交差点がアイデアの源泉

教養って何だろう?
英語に直すと、"liveral arts"(リベラルアーツ)。

the area of learning which develop soneone’s ability to think and increase their general knowledge, rather than developing technical skills.”(Longman)

“liveral”と“arts”に分解して考えれば「自由」と「技術」。
何を生み出せば自由を手に入れることができるのか?
それを考えることが教養につながるといえる。
そしてリベラルアーツと何を組み合わせるかも重要だ。

We’ve always tried to be at the intersection of technology and liberal arts -€ we want to make the best tech, but have them be intuitive. It’s the combination of these two things that have let us make the iPad.

スティーブ・ジョブズのアイデアの源泉は、
リベラルアーツとテクノロジーの交差点に立つことだった。
そしてそのこだわりが「iPad」を生み出した。

私の関心が「投資」からこんなにも広がってしまったのは、
リベラルアーツとインベストメントの交差点に立ちたいからかも。
そこから見える景色を求めて、これからも無軌道に進むのだ。