私の人生観

常識では考えられない一手で新たな扉をノックする。
これまでそうやって生きてきた。そしてこれからも。。。
迷ったとき、まずは

  • お金になるかどうかは気にしない
  • 今後が楽しくなりそうな方を選ぶ

ことを大切にする。
哲学者気取りで、お金にこだわらない、というのは違う。
お金にはこんな不思議な性質があるから。

  • 求める者には振り向かず、ただ時間を奪われるのみ
  • お金は楽しそうな人、幸せそうな人のところにいるのが好き

だから初めは経済的な利益を生むように見えなくても、
豊かな時間の使い方ができる選択をするべきなんだ。

  • 贅沢は日常の中にある(例…食事の時間を大切に)
  • 自分のやりたいことを子供のように楽しむ(数寄者の精神
  • 今日が人生最後の日だとしたら…(ジョブズの遺言
  • 心の余白が感動を引き寄せる

人生の持ち時間に大差はない。
感動を積み重ねた人生ほど豊かなものになるだろう。
運命を感じるような偶然に何度出会えるか?
そして思わぬ幸運を引き寄せるには?(セレンディピティ

  • やってくる偶然と迎えにいく偶然との出会い
  • いつも好奇心いっぱいに未知なものへ挑戦する
  • 論理や効率よりも、美意識や美学を貫くことが大切

最後に人生観を養うためには、

今はたくさんの選択肢から人生を選ぶことのできる豊かな時代。
その一方で、後になって過去の選択に後悔しやすくもなった。
だからこそ意志決定の基準を常に磨いていかないとね。

コメント

  1. 縁」 より:

    >だから初めは経済的な利益を生むように見えなくても、
    >豊かな時間の使い方ができる選択をするべきなんだ
    このエントリーを読んで、
    最近、自分がお金のこと(収入)にばかり執着して、
    まろさんの言うところの
    「豊かな時間の使い方」を忘れていることに
    気づくことができました。
    少し自分の生活を見直そうと思った、
    エントリーでした。