年齢別の人生論を収集中

古典に描かれた年齢別の人生論。
日本人ならやはり世阿弥風姿花伝」は外せない。

でも一般的に有名なのは孔子論語」。

子の曰く、吾れ十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順がう。七十にして心の欲する所に従って、矩を踰えず。

このほかにはゲーテが遺したことばがおもしろい。

十歳にして菓子に動かされ、二十歳にしては恋人に、三十歳にして快楽に、四十歳にしては野心に、五十歳にしては貪欲に動かされる。いつになったら人間は、ただ知性のみを追って進むようになるのであろうか。

3人の年齢別人生論をまとめると、
130510

同種のものをご存じの方はぜひ教えてね。

コメント

  1. とよぴ~ より:

    この比較表はわかりやすいですね
    孔子で自分を例えると現在は30代で孔子の考えの30代と同じです
    まだまだ「惑う」こともありますし「ありのままを受け入れる」を自分で言えるほどの出来た人間には至っていません(笑)
    このままじゃ寿命が尽きる寸前まで惑っているかもしれません
    ・・・というところまで悟れました

  2. まろ@管理人 より:

    孔子は長生きだったので、今の私たちの人生にあわせやすいかもしれませんね。
    世阿弥によると私は今が「絶頂期」らしいけど…、投資リターンだけとかだったらイヤだぁ!(苦笑)