2016-08

講演・取材メモ

Aavishkaar インドの社会起業家向けベンチャーキャピタル

インドの社会起業家向けのベンチャーキャピタル"Aavishkaar"。ここで投資委員会のメンバーを務める橋本芳樹さんのお話を伺った。 日本では無名だが、世界の投資家から約200億円の投資資金を集め、インドを中心とした南アジアの農村部などで...
日本の歴史と文化

宮沢賢治 月の歌

昨日8月27日は宮沢賢治(1896~1933)の生誕120周年だったそうだ。 それに合わせて私もかじった程度に賢治の作品を調べてみると、 月にまつわる童話や詩、短歌がたくさん残されていることを知った。 賢治は月を「月天子」と呼び、な...
日本の美意識

中秋の名月よりも九月十三夜の月を愛でる

以前、古今和歌集に中秋の名月の和歌がないことに気がつき、竹取物語に絡めて、当時の月のイメージが原因では?と考えた。 中秋の名月を詠わない古今集。月が不吉な竹取物語。 付け加えるなら、そもそもこの頃の日本には月見の習慣なく、唐では八月...
日本の美意識

十六夜の月はためらいながら夜空へ

中秋の名月を前に月の古典をいろいろ調べていたら、満月の翌日の十六夜にまつわる認識がおもしろかった。 十六夜は「いざよい」と読む。これにまつわる目に止まった古典を2つ引用すると。 まずは源氏物語の夕顔より。 「いさよふ月に、ゆくりな...
IR情報等から企業を見る

ソニーの今後の中核事業はやはり金融か?

先週17日にソニーが子会社のソニーフィナンシャルHDの株式を取得し、保有比率が60.0%から62.1%になった。→ニュースリリースへ※ソニーはフィナンシャルHDを2007年に上場し、保有株式の40%を手放した。 おそらくソニーは金融事業を...
日本の神様と昔話

世界神話の母型から見た日本の神と昔話

ジョゼフ・キャンベルがつきとめた英雄伝説の母型 世界中の英雄伝説にはたった一つの母型があることをつきとめた、アメリカの神話学者、ジョゼフ・キャンベル(1904~1987)。 ちなみに学生時代にキャンベルの授業に刺激を受けて、ジョージ・ル...
コラボ企画☆本日のスープ

「本日のスープ」ガイド・巻10/71~77皿目

m@さん、rennyさんとのリレー連載企画「本日のスープ~株式投資をめぐる三重奏~」の高速ガイド。 今日は71皿目から77皿目までを編集しよう。 「本日のスープ」ガイド・1~11皿目 「本日のスープ」ガイド・巻2/12~17皿目 ...
お薦めの本

噴火が誘発した飢饉と革命/上前淳一郎「複合大噴火」

Wikipediaの「火山噴火の歴史」を眺めていると、2014年以降、世界で火山の噴火が増えているように見える。Volcano Discovery には世界の噴火状況が一目で分かる地図もある。 景気の循環にも関係があるかもしれないから...
世界の名言・名文

人生とは星を見つけ、星座をつむぐこと。

荻原井泉水(1884~1976)のエッセイ「星を拾う」より、俳人である著者が自選の句集を編集する中でふと思い出した言葉。 「人生というものは塵芥の中から宝石を見出すということである。」 そしてその宝石を夜空の星に見立てて、そこに星座...
金融危機2007~?

アメリカの失業率・ローン延滞率・住宅指数(2007~15)

サブプライムローン問題に端を発した金融危機。リーマンブラザーズが破綻した2008年9月からしばらくの間は、「100年に1度の金融危機」と称され、まるで流行語のようだった。 最近「マネー・ショート」なる映画を観て、ふと思い出して、集計を続け...
世界の名言・名文

CHANEL創業者の美学/マルセル・ヘードリッヒ「ココ・シャネルの秘密」

著者がココ・シャネルに出会ったのは1958年。シャネルが75歳の時。引退後のおばあちゃんにインタビューしたものではない。 1909年パリに帽子のアトリエを開業したシャネルは、ドレス、香水、ジュエリーと事業を順調に拡大していくが、第二次大戦...
世界と日本の経済史

国の豊かさに経済成長が不可欠なのだろうか?

1954年生まれの安部首相に「成長戦略」と言われても、1978年生まれの私になんかピンと来ないのは生きた時代が違うから。 経済成長に対する世代間ギャップ 日本経済の最近60年をザックリ輪切りすると、 1950~70年…高度経済...
めくるめく和歌の世界

夏越の祓の和歌

旧暦の6月30日、現在の8月上旬~中旬に行われた 「夏越の祓」(なごしのはらえ)。 気候的にはちょうど今ごろ行われた行事だ。 本来は「年越の祓」とセットで、 水無月の 夏越の祓い する人は 千歳の命 延ぶといふなり と詠まれたよう...