2016-05

お薦めの本

不妊症の野菜を食べ続ける人類の未来は?/野口勲「タネが危ない」

ADMへの投資をはじめたのを機に農業ビジネスを探究している。 その中で知ってしまった野菜のタネに関する恐るべき現状。 固定種とF1種 タネには大きく分けて、固定種とF1種の2種類があり、 固定種…地域で何世代に渡って育てられ...
社会や政治の問題など

格差社会は「お金を儲けたい」という欲望の結晶

「格差」についてどう思われますか?今流行の質問を受けたけど、正直何とも言えない。結局のところ、大多数の人が格差社会を望んでいると思うから。 「典型的な現代人が金で手に入れたがっているものは、もっと金をもうけることで、その目的はと言えば...
日記と雑談

月と気候がストラディヴァリウスの音色の秘密?

新月とストラディバリウス 先日のテレビ番組「林先生が驚く初耳学!」で、ストラディヴァリウスの音色の秘密は月にあると解説されていた。 「新月の時に切った木は水分も少なくデンプンが少ないので乾いて腐りにくい。」 番組内では法隆寺も新...
IR情報等から企業を見る

穀物メジャー、アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)に投資

GW前後の円高の際に少しドルに替えて新しい企業に投資し始めた。アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)。海外企業への投資話は書いている人が少ないようなので、たまには投資の小話。 穀物メジャーが欲しい 穀物の買付、集荷、輸送、保管を...
日本の歴史と文化

紫の時代に描かれた源氏物語と枕草子

先月末に母が足利フラワーパークへ藤を見に行ってきた。その時の写真を何枚かもらったんだけど、これはすごい! ここまでたくさん藤を植えていたか分からないけど、紫式部と清少納言の時代の色といえば紫色だった。藤原家の全盛期だから藤の紫色が賛美...
百人一首

12,000首からの100首。百人一首は定家の記憶力の賜物?

百人一首に収録された和歌の引用元の勅撰和歌集を辿ってみると、百人一首成立以前の勅撰和歌集からまんべんなく採られていた。 もしかすると撰者とされる藤原定家は、過去の勅撰和歌集に収録された和歌をだいたい覚えていたのでは? 過去の名歌(本...
お薦めの本

老化の黒と若返りのピンク/野村順一「色の秘密」

白・黒・紺の服装がメインだった妻に「葬式みたいでヤダ」とねだったら、この春からピンク色や水色の服も着てくれるようになった。 最近ふと、、、キレイに見えるんじゃなくて、実際キレイになってないか?と目の錯覚か、単なる盲目か、でも昔なにかで色に...
世界を読み解く方法

ネットの評判がリアルを支配する「勝手に選別される世界」

IT革命の恩恵で簡単に多様な情報や価値観に触れられるようになった。私たちの情報収集が受動的ではなく、能動的に変わり、当初の悩みといえばあらゆる分野で「学習の高速道路」が整備され、高速道路を駆け抜けた先の大渋滞をどう抜け出すのか?だった。 ...
投資や経済の話題

投資家的な「持ち家vs賃貸」の思考回路

自分なりに家を購入か、賃貸かで考えてみた時に、世間一般で語られていることと全く異なる疑問が生じた。 投資家ならではの考え方なのかもしれないけど、 株式配当や債券利子を家賃の支払いに充てる 株式・債券への投資資金を家の購入に充てる...
日記と雑談

Amazonアフィリエイトを再開しました。

2年前に1度、Amazonのアフィリエイトをやめていたけど再開することにした。当時やめたのには2つの理由があって(→当時の記事はこちら)、 Amazonからもらうお金は電子書籍の印税だけにしよう Amazonで新品本を買ってもポイン...
日本の歴史と文化

世界が愛した「藍染め」と画家の憧れの「青」

「ジャパンブルー」という言葉とともに、ごくまれに 日本の色が「青」や「藍」のように語られる。 「日本は神秘なブルーに満ちた国」 by 小泉八雲(ラフカディオ・ハーン) 明治時代に来日した外国人が日本の藍染めを称賛したのがきっかけだが...
日本の美意識

生きるまで生きたらば…/前田慶次「無苦庵記」

隆慶一郎「一夢庵風流記」の描写よって評価が一変した前田慶次。 「天下御免の傾奇者」として戦国時代に欠かせないスターとなった。 「無常→数寄→幽玄→わび・さび」という、日本の美意識の系譜。 思えばその対極には「傾奇」の世界が常にあった。...
食文化と美食探訪

天ぷらの起源はササン朝ペルシアに?!

天ぷらを調べる中で出会った一冊、 ダン・ジュラフスキー「ペルシア王『天ぷら』がお好き?」。 原題は"The Language of Food"(食の言語学)。 日本人の書いた本で天ぷらの起源を調べると、 ほとんどがポルトガル語の語源がい...
コラボ企画☆本日のスープ

金融の世界にも「フェアプレー精神」を!/本日のスープ74皿目

リレー連載企画「本日のスープ~株式投資をめぐる三重奏~」。 m@さんからのご寄稿コラムです。 ※直近のダイジェスト(65~70皿目)はこちらをどうぞ 社会性を意識した投資の必要性について損益計算書の観点からまろさんが、貸借対照表...
古典に学ぶ人生論

宮本武蔵「五輪書」の奥義を要約・編集

今月のNHK「100分 de 名著」は宮本武蔵の「五輪書」か。中国古典の諸子百家(論語や老子など)のように、読み手の立場や心境によって形を変える魅力を持つ、日本の古典の中では希有な一冊といえる。 「渡を越すといふは、たとえば、海を渡る...
投資哲学を求めて

続・投資の成功は「まぐれ」が半分

以前、買値の何倍にもなったサンリオ株との出会いの「まぐれ」話を書いた。 投資の成功は「まぐれ」半分(13/10/27) 今回は逆に株価の急落前に「たまたま」売却できた話。 昨年末のまとめ記事を読んで取材を申し込んでくれた方がいたの...