2015-01

NO IMAGE 生物と生命の不思議

タコの不思議とタコ好きの日本人

タコの足は不思議だ。 個人投資家は「タコ足配当」の由来から 敵から逃げるために足を切断した時は再生するが、 自分で足を食べてしまうと再生しない。 という不思議な生態をご存じのことだろう。 またタコの足一本一本に意思があるかのような論...
NO IMAGE コラボ企画☆本日のスープ

貯蓄文化と投資文化/本日のスープ44皿目

リレー連載企画「本日のスープ~株式投資をめぐる三重奏~」。 m@さんからのご寄稿コラムです。 文化という言葉を辞書で引くとこのように説明されています。 人間の生活様式の全体。人類がみずからの手で築き上げてきた有形・無形の成果の総体。そ...
NO IMAGE 古典に学ぶ人生論

読書が心を整える/モンテーニュ「エセー」

モンテーニュは「三つの交際について」の章で、 人生を振り返り、3種類の良き交際を比較した。 美しく礼儀正しい女性たちとの交際 まれで心地よい友愛 書物との交際 まずは読書以外の2つ(恋愛・友愛)について、 「こうした二つの交際は...
世界の名言・名文

村上春樹さんが期間限定で読者の質問に答える。

村上春樹さんが読者との交流サイトを期間限定でオープン。 村上さんのところ/村上春樹 期間限定公式サイト あまり小説を読まないから、作品は読んだことはないけど、 インタビュー集を読んで、考え方がシンプルでいいなぁと。 今回公開されている...
NO IMAGE 食文化と美食探訪

玉子焼きをつくり、卵料理の歴史も調べた。

玉子焼き器を買って、玉子焼きを作った。 思いがけずキレイにできて、もしかして才能あり? 調べてみると卵料理の歴史は意外と浅い。 これには仏教の教えが影響しているのだろう。 奈良時代の仏教説話を集めた「日本霊異記」において、 「現世で鳥の卵...
NO IMAGE 世界の名言・名文

分かりそうで分からない。その楽しさと幸せ。

世の中の出来事で分からないことは意外と少ないもの。 もし直感的に理解できないことに出会ったのなら、 世間の常識に囚われている 過去の経験が理解の邪魔をしている その分野の知識が足りない といったことが混乱の原因。 私の場合は「3.」...
文化で読む日本経済

時間の共有が日本の成功要因/角山栄「時計の社会史」

11時45分! 12時が迫ることに気付いたシンデレラは舞踏会を後にする。 「シンデレラ」は「眠れる森の美女」や「赤ずきんちゃん」とともに、 17世紀にシャルル・ペローがまとめたヨーロッパの民話。 この時すでに民衆には15分刻みの時間...
NO IMAGE 「時」を読み解く

目標を持たず、しなやかに生きていたい

世間では将来の目標や夢を持つことが美徳される。 でも人生って目的に向かって突き進むものなのかな。 こうした考え方に囚われてしまうと… 現在が不確実な未来のための手段になってしまう 過去からの延長線上にある目標を設定しがち 人生に対する...
NO IMAGE 投資や経済の話題

奥さんのへそくりは平均450万円

インタビューで必ず聞かれる投資をはじめたきっかけ。 私が大学生だった頃のある日(2000年春)、 「あなたの世代は年金もらえないから、自分で資産運用できる力をつけなさい。」 と母親がへそくり100万円をポンッとくれた。 そんなできごとが...
NO IMAGE サッカー

サッカーの監督がGoogleになる日?

Googleが「ほんやくコンニャク」に一直線? これを投資の話につなげた、とよぴ~さんの記事。 Googleの進撃! もしもGoogleが資産運用するとどうなる(Blog:高配当ETFで戦略的インデックス投資日記) この中の一文にふと...
NO IMAGE 日本の神様と昔話

佐賀の由来と謎の巨石群/肥前国風土記

佐賀県に謎の巨石群があるらしい。 巨石パーク(佐賀市ホームページ) どうしようもなくセンスのない名前だが、 肥前国風土記にも記述が残るという名所。 なんか気になって風土記を読んでみたところ、 佐賀の名の由来はずいぶん古い! たしか...
NO IMAGE 日記と雑談

まつげの長さ。平均は6.8mm、理想は14.1mm。

夜になると目が痛くなる日がある。 まつげがメガネについたホコリ等をかき集め、 眼の中に入れてしまうことが原因のようだ。 メガネを調整してもレンズにまつげがあたっちゃう。 うーん、私のまつげはそんなに長いのだろうか? 資生堂の調査によると、 ...
日本の美意識

初めての電子出版「日本の月と桜」

第2版のお知らせ(2015年1月13日)  去年、初めて出版した本を追加内容ふくめ手直し。  軽微な変更なので、今回は値段はそのまま。  購入済みの方が改訂版を自動で取得する機能は、  今のところAmazonが未対応。→詳細 【更...
NO IMAGE 万葉集

交差点、すなわち「ちまた」の万葉集

うまい表現ではないのだけど、 「知」の交差点の中央を押さえに行くこと。 それをイメージすることが重要だと思ってる。 リベラルアーツの交差点がアイデアの源泉 たくさん情報を出せば、良質な情報の交差点に立てる! 古代でも交差点は、特別な気配...
NO IMAGE 日本の神様と昔話

港七福神、隅田川七福神を制覇! 今年の私は無敵?

私は初詣をせず、年末に神社へ足を運ぶ変わり者。 年初に「神様、お願い!」と頼る感じよりも、 年末に「神様、ありがとう!」とお礼に行くのが好き。 そんな私が年初に七福神めぐりを二つも制覇! 5日に港七福神 11日に隅田川七福神 七福神...
万葉集

坂道には神が宿る/山野勝「大江戸坂道探訪」

大江戸坂道探訪。 著者は日本坂道学会の会長、山野勝氏。 ちなみにこの学会2名で副会長はタモリさん。 たくさん歩いた方が頭の回転が良くなる気がして、 駅2つくらいの距離なら歩くことにしている。 そんな時に出会った坂道の本。おもしろい...
NO IMAGE 投資や経済の話題

ニッセイアセットマネジメントの光と影

私はニッセイアセットマネジメントに対して、 大変良いイメージを持っていた。昨日までは。 投資とは未来に対する一票を投じる行為だが、 その投票権は平等に与えられているものではない。 だから投資家は社会との共生を意識すべきだ。 こういう観点で大...
NO IMAGE 日本の神様と昔話

熊野神社のサッカーお守り。負けられない戦いに勝つ!

赤羽橋へ野田岩にうなぎを食べに行ったら、 そばの熊野神社にこんなお守りが! 「負けられない戦いがそこにはある!」 サッカー中継で川平慈英がそう叫んでるから、 なんだか縁起が良さそうじゃないか(笑) 八咫烏がサッカー協会...
お薦めの本

石川九楊「九楊先生の文字学入門」

書道をはじめたなら、その文化史も追求する! 先生に嫌がられるぐらいがちょうど良い(笑) 書家の講義録を本にしたものを読んでみた。 読中に書いた記事もすでにあるけど、 王羲之の草書の手紙が東アジアの「書」の起源 このほかにお...
お薦めの本

日本人は言語面で優位/平川祐弘「日本語で生きる幸福」

日本語で生きる幸福。 タイトルに惹かれて手にとった。 著者は平川祐弘。ダンテ「神曲」の翻訳者だ。 今の時代、好き嫌いは関係なく英語を学ぶべき。 でも母語が日本語の日本人には有利な面もある。 というのが著者の主張だ。 ひとつの対象...