2014-05

NO IMAGE 食文化と美食探訪

包丁使いが日本料理の真髄

海外で「自国をどう伝えるか?」悩み中の日本人が、 帰国の際になぜか私をご指名でお話しすることがちらほら。 今週は新潟県三条市の刃物産業を世界に広めるべく、 ヨーロッパから帰国された経営コンサルトさんのご依頼。 帰国の目的を事前に聞いてなかっ...
NO IMAGE 投信ビジネスの闇と再生への道

セミナーデザイン記録「ファンマネ×個人投資家」

なんでブログを続けているかといえば、 脳の外付け記憶装置として 自分だけの情報宇宙を編集するため この「情報を編集する」方法の応用が今後の目標。 何をしようとしているか言葉にするのが難しいのだけど、 2つ以上の立場の人の「間」に入っ...
NO IMAGE 投資で創った人生哲学

株式投資に「社会」を意識するわけ

CSRレポートを読んで、社会に「良い」企業へ投資する。 初めの頃は自分のお金が社会貢献につながる実感はなかった。 証券市場に参加する投資家の間でお金が動くだけだから。 でも運用資産の増加とともに配当収入を重視するようになり、 運用が長期に...
NO IMAGE 食文化と美食探訪

千年続く和食のかたち(一汁三菜)

日本の食文化をWebで調べていたらこんなの見つけた。 左側のロゴはいわゆる「一汁三菜」を表しているんだね。 でもこのかたちになったのはいつ頃からなんだろう? 日本の伝統的食文化としての和食(農林水産省) を読んでもイマイチはっきりし...
NO IMAGE 食文化と美食探訪

胡椒の日本史

みんなの好きな香辛料は何? 私は胡椒。 食へのこだわりの始まりがラーメンからだったからかな。 でも和食ではあまり使わない香辛料だね。 日本の文献に初めて胡椒が登場するのは、 聖武天皇(701~56)の遺品として正倉院に収められた 60種の薬...
NO IMAGE 世界を読み解く方法

日本を読み解く方法

これから立て続けに「日本」をテーマにお話ししながら会食♪ 投資と違って追っかけてる年数が短いから雑だけど、 日本を読み解く方法(PDFファイル) とりあえずこんな資料を準備中。欲しい人はどーぞ。
NO IMAGE 日本の美意識

海外に発信された「禅」/鈴木大拙「禅と日本文化」

英語で世界に発信された日本の美意識といえば、 茶道を題材にした岡倉天心「茶の本」(1906)。 同じような本が「禅」の世界にもある。 鈴木大拙「禅と日本文化」(1938) こちらは海外の大学での講演をもとに書かれた一冊。 ...
NO IMAGE 日本の美意識

禅以前の庭園造り「作庭記」

平等院鳳凰堂を造営した藤原頼通の三男、 橘俊綱が書いたとされる日本最古の庭園書「作庭記」。 日本の庭園美は室町時代に禅の思想と合わさって完成するが、 それ以前にも日本らしさを感じさせる造園法はあった。 「地形により池のすかたにし...
NO IMAGE コラボ企画☆本日のスープ

いでよ、アイアンシェフ/本日のスープ17皿目

リレー連載企画「本日のスープ~株式投資をめぐる三重奏~」。 rennyさんからのご寄稿コラムです。 <14皿目> 個人投資家は「舌」を鍛えよう!/本日のスープ14皿目 <15皿目> 食と投資の共通危機/本日のスープ15皿目 ...
NO IMAGE 世界を読み解く方法

見えない未来は「不立文字・教外別伝」の精神で

禅の特徴を表した言葉として、 不立文字(ふりゅうもんじ) 教外別伝(きょうげべつでん) 直指人心(じきしにんしん) 見性成仏(けんじょうじょうぶつ) という4つのキーワードがあるという。 私なりにまとめると、 ...
NO IMAGE 日本の歴史と文化

仏壇とは?/はせがわ銀座本店を訪ねる

私の中で仏壇のイメージは、 家の中のお寺 極楽浄土へのどこでもドア であり、モノ・コトを小さく収めることを美とする、 日本の文化・伝統を受け継いだ工芸品という感じ。 そういえば仏壇と言えば「お仏壇のはせがわ」のCM。 ふと思い立ち、銀...
NO IMAGE 日本の美意識

禅の「無」が潜む、日本の美意識

この世界を理解するには、目に映る美しさだけではなく、 その奥に潜んでいる本質を心で感じることが必要だ。 だから真実を捉えるために、まずは真の自分を究明する。 そんな流れで日本の文化・芸術に「禅」が絡んでくる。 禅は「本来の自分と出会うこと」...
NO IMAGE 日本の美意識

電子出版3作目の設計図

もともと日本文化の追っかけをはじめたのは、 日本企業への長期投資のため、って観点もあった。 今という場所で世間と同じ視線で物事を見つめていては、 見えたとしても半年くらいの未来が限界だと思う。 だから文化的な歴史資源が蓄積された過去を知り、...
NO IMAGE しあわせのかたち

グラノベッター「弱いつながりの強さ」の実感

人脈が大事。 たくさんの人とつながっておけばいつか役に立つ。 いちおう社会学的には正しいことになっている。 Strength of weak ties マーク・グラノベッターが1973年に書いた論文。 当時の就職活動に着目して調査したも...
NO IMAGE しあわせのかたち

「いつか」は「今」に対する言い訳

今日で干支を3回転しちゃった。 もういい年なので「いつか○○するのが夢」みたいのはない。 「いつか」と言った時点で、今を否定している気がするから。 私にはそんな言い訳をして時間を浪費している暇はないもん。 やりたいことがあるなら、準備してか...
NO IMAGE コラボ企画☆本日のスープ

「本日のスープ」ガイド・1~11皿目

今年2月にm@さん、rennyさんとはじめた連載企画、「本日のスープ~株式投資をめぐる三重奏~」。11皿目で前菜的な第1部が終了し、12皿目から「投資信託編」に入った感じ。ここでは今から読む人のために、11皿目までに提供されたスープを高速案...
NO IMAGE 投資で創った人生哲学

「自分さえ儲かれば」の投資がダメな訳

前回のつづき。 現代社会の問題と企業や投資家とのつながりを教えてくれたのが、 大和総研の河口真理子さん。※対談サイトがオススメ 坂本光司「日本でいちばん大切にしたい会社」に出会ってから、 良い企業の利益に由来する株価上昇や配当を得たいという...
NO IMAGE 日記と雑談

招き猫の豪徳寺~吉田松陰の松陰神社

涼しいうちに鎌倉に行きたいけど、GWは混んでるから、 都内の江ノ電っぽい電車、東急・世田谷線を使っておさんぽ。 豪徳寺。 「招き猫」発祥の地で、彦根藩・井伊家の菩提寺。 ゆるキャラの先駆け「ひこにゃん」の由来はここ。 招き猫を買って願いが叶...
NO IMAGE めくるめく和歌の世界

「会う」より神聖な輝きを持つ「逢う」

なんとなく気になった言葉。 「会う」と「逢う」を微妙に使い分けている気がする。 「会っていながら逢っていないうたが無数にある中で、行きすぎたうたに呼び返される時がある。そうではなく、初めて会ったのに逢えたと感じる時もある。」(竹西寛...
NO IMAGE コラボ企画☆本日のスープ

個人投資家は「舌」を鍛えよう!/本日のスープ14皿目

リレー連載企画「本日のスープ~株式投資をめぐる三重奏~」。 rennyさんからのご寄稿コラムです。 前回の私の番 で 「日本国内の投資信託ってどう思いますか?」とお尋ねしてみました。 これに対して、まろさんは 時代遅れの投信...