2014年04月一覧

NO IMAGE

遊戯三昧で未来を読む

未来予測は可能なのか? 投資家としての最大の関心事でもあり、 様々な古典を読み解いてきたけど、まず無理っぽい。 未来予測に価値はない/フロイト「幻想の未来」 初期条件に依存する未来/ポアンカレ「科学と方法」 歴史の行く末は予測不能/ポパー...

読書に救われたカネの亡者

デイトレーダーから個別株投資家へ。 チャートだけから経済・会計を学んで知的好奇心が増した、 と主張したところで、根本的には株価が上がるかどうか。 だから22歳から株式投資をはじめて、 20代のうちは人一倍お金への執着が強かったと言え...

NO IMAGE

金儲けのための金儲けは空しい

表題は著名投資家ジョージ・ソロスの言葉。 いつからだったかな、私がそのことに気がついたのは。 当初は株式投資で「お金儲け」以外のことを考えていなかった。 私にとって株式投資はある意味「社会への復讐の手段」だったかも。 私が就職活動をした20...

NO IMAGE

ちひさきものはみなうつくし

幼な子、人形の道具箱、蓮の小さな浮葉、ひよこ、瑠璃の壺など、 身の回りの小さなものに「いとうつくし」と喜びを見いだす。 「ちひさきものはみなうつくし」(枕草子151段) 清少納言の想いは別のところにあったかもしれないが、 日本は古来より...

NO IMAGE

財政破綻は平和憲法の副作用?

日本が借金まみれになった原因を簡潔にまとめると、 アメリカの方が日本より税金が安いじゃないか! 社会保障(年金・健康保険)はヨーロッパ並みにして! という相反する政策を同時に追いかけてしまったこと。 消費税の税率を少し上げてもまだ変...

NO IMAGE

老子と荘子の相対性理論

中国古典の老子と荘子はセットで老荘思想と呼ばれる。 最近ようやく荘子を読んでみたら、なるほど老子に似ている。 上善は水のごとし(老子・8章) 天下に水よりは柔弱なるはなし(老子・78章) 老子は「水」こそが最善のあり方と説き、 その「...