2013-10

NO IMAGE 日本の美意識

古今和歌集・よみ人しらずの恋歌

詩の歴史上、他国にはない日本の和歌の特徴は、 時代の権力者やその栄華を讃えた歌がほとんどない わずか31文字に、ありったけの想いを込める 恋歌の多さが尋常ではなく、僧侶までが恋を歌う があげられ、とりわけ3つ目の「恋愛」崇拝は目を...
NO IMAGE 日本の美意識

リセットの日本文化

スーパーマリオの1-1でうっかりクリボーにぶつかった。 そんな時、誰もがリセットボタンに手を伸ばしたことだろう。 現実ではそんなのは通用しないから悪影響? いやいや日本は伝統的にリセットを大切にしてきたよ。 伊勢神宮の式年遷宮 除夜の鐘...
投資哲学を求めて

投資の成功は「まぐれ」が半分

この1年間、日本株の上昇を受けて、ずいぶん資産が増えた。 「個別株の長期投資家」という私の立ち位置がめずらしいらしく、 いくつか取材を受けて、一部が記事になったりもした。でも「買値の何倍」みたいな結果ばかりに焦点が当てられがち。 大切なのは...
NO IMAGE 古今和歌集

「君が代」は古今和歌集の和歌

古今和歌集に収録される歌の約4割が作者不明。 長い年月、多くの人々に歌い継がれるうちに、 最初は誰が詠んだのか分からなくなってしまった。 そんな歌が「よみ人しらず」の和歌として残されている。 実は現在の国家「君が代」の歌詞は、 古今和歌集の...
NO IMAGE 私の人生観

隠居ではなく遁世と世俗の間へ

かつて「35歳で隠居!」と宣言し、その時が来た2013年。 実際に完全に捨てきることはむずかしかった。 鎌倉時代に漂白の旅と草庵に生きた数寄者・西行でさえ、 世の中を 捨てて捨て得ぬ 心地して 都離れぬ わが身なりけり 捨てしをりの 心...
日本の美意識

平和憲法は日本史の集大成

日本国憲法はアメリカに押しつけられたもの、との主張があり、 とくに憲法第九条の改正論議が絶えることがない。  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を...
NO IMAGE 食文化と美食探訪

人類の料理の起源は青森に…「大平山元Ⅰ遺跡」

私が子供の頃、源頼朝と習った肖像画が、 今では足利尊氏の弟、直義とされていてビックリ! なんて話を以前「夢中問答集」とともに紹介したよね。 福を求める欲を捨てよ/夢窓国師の幸福論(12/05/13) 1000年も経ってない過去でこれだか...
NO IMAGE 日本の美意識

月の満ち欠けにめぐり逢いを見る(新古今和歌集)

「恋・桜・月」は日本文化形成に不可欠な3点セットだった。 でも「月」が日本人の心の問題になった時期は遅く、 おそらく平安時代後期のあたりから、というのがこの記事。 日本はいつから「月」に目覚めたのか?(13/07/15) 新古今和歌集(...
NO IMAGE 兼好法師「徒然草」

兼好が理想とした金銭感覚/徒然草60段

徒然草217段で禁欲による蓄財に疑問を投げかけた兼好法師。 では彼が理想とした金銭感覚はどのようなものだったのだろう? 徒然草60段に理想の変人、盛親僧都が描かれている。 芋が大好物の高僧で、お金があれば芋に使ってしまう。 彼の貧しい暮ら...
NO IMAGE お薦めの本

おいしさ=味×心/小山薫堂「人生食堂100軒」

小山薫堂氏は「おくりびと」や「くまモン」で有名な放送作家。 雑誌「dancyu」のコラム「一食入魂」で紹介した(2001~09年)、 600軒から100軒を選んで編集しなおした本。 料理の批評ではなく、幸せにご飯を食べた記録って雰囲気...
NO IMAGE お薦めの本

近藤信緒「人に好かれる法」

誰にでも「人に好かれたい」という思いがある。 だからこそ人間関係を論じた本が多数出版されている。 「多すぎて選べないからオススメの本を」とねだられ悩んだ。 本屋で平積みされる近刊書は、基本的に内容が薄っぺらい。 古典には読み頃があるから、積...
NO IMAGE 「時」を読み解く

歴史の行く末は予測不能/カール・ポパー「歴史主義の貧困」

投資家であれば誰もが未来予測に興味をもつだろう。 でも経済学や社会学の分野は未来に対してほぼ無力。 過去のことを必死になって説明しているだけ、って感じ。 カール・ポパーがこのことを論理的に説明してくれてた。 人間の歴史の道筋は、人間の知識...
NO IMAGE 日記と雑談

秋の夜長に・・・いや、早く寝ましょう!

先月の後半からブログのPV(読まれたページ数)が急増中。 どうも夜通し過去記事を読んでいる方が結構いるみたい。 著者としては嬉しいけど、これは脳科学的に良くないんだよ。 「睡眠は脳や体をクールダウンするための休息時間では決してなくて、もっ...
NO IMAGE 古典に学ぶ人生論

わが心は秋月に似たり

「○○の秋」が満載の日本。 月が秋の色、と詠ったのは西行だったか。 身にしみて あはれ知らする 風よりも 月にぞ秋の 色は見えける 秋の月をめでる心は日本独自のものではなく、 中秋の名月といった月見の習慣は中国に由来する。 ...
NO IMAGE 日本の神様と昔話

浦島太郎の原型/風土記・万葉集

浦島太郎は原型からだいぶ形が変わってしまった昔話。 「丹後国風土記」(8世紀前半?)には、 助けた亀に連れられて竜宮城へ… 玉手箱をあけるとお爺さんになってしまう という現代の中心部分は存在しない。 風土記は女性の熱烈な恋を描いた昔...
NO IMAGE 古典に学ぶ人生論

富や名声より健康・長寿/貝原益軒「養生訓」

江戸時代の啓蒙書「養生訓」。 貝原益軒(1630-1714)が83歳の時に著したものだ。 「人生五十にいたらざれば、血気いまだ定まらず。知恵いまだ開けず、古今にうとくして、世変になれず。言あやまり多く、行悔多し。人生の理も楽もいまだしらず...
NO IMAGE しあわせのかたち

あきらめる=明らかに+見極める

一般的に「あきらめる」って言葉には、マイナスのイメージがある。 たしかに積み上げてきたものを諦めるのには躊躇しがち。 人生は有限なんだから、自分の限界を見極める力が大事だよね。 時間が無限にあるように思えた20代まではあきらめが悪かった。 ...
NO IMAGE 兼好法師「徒然草」

身の丈に合わない思想をかぶると…/徒然草53段

酔っ払った仁和寺のお坊さんが宴会でウケを狙って、 足鼎(3本脚の鉢)を頭にかぶって踊ってみせた。 一同、大爆笑。でも鼎を抜こうとすると、抜けない…。 鼎を叩き割ることもできず、医者に見せてもどうにもならない。 最後の手段として力いっぱい引っ...
NO IMAGE 社会や政治の問題など

税制改正に込められたメッセージ

消費税の税率アップが正式に決まった。 増税の代わりに復興特別法人税の廃止がセットになったから、 「大企業を強くして、経済成長を目指します!」 ってわかりやすいメッセージが込められたといえる。 誰もが払う税金(消費税)が高くなり 儲...